Job&Money
Lifestyle

35年前と今…“働く女性”はこんなに変わった【デートからメイクまで】

 今から35年前の1980年――。原宿で「竹の子族」が踊り狂い、子供たちの間では「ルービックキューブ」が大流行。ツービートやB&Bらの漫才が人気を集め、山口百恵が涙の寿引退。年末にはジョン・レノンが射殺されて……。

 な~んてことを言われても、アラサーにとっては生まれる前。ほとんど「歴史」の中のお話ですよね。

花金・ボディコン・ダー



 20代女性の働き方や価値観も、相当の変化があるようです。女性向け転職サイト『とらばーゆ』が、創刊35周年記念のプロジェクト「U29女子プロジェクト」(※1)の一環としてオープンしたコンテンツ「『こんなに違う?』 35年前と今のU29女子!」を見ると、時代の違いをしみじみ感じます。

【35年前】会社に彼氏から電話が…お局にバレないかソワソワ

【35年前】会社に彼氏から電話が…お局にバレないかソワソワ

 当時は当然、スマホ(ケータイ)なんてありませんから、連絡は固定電話です。会社にかかってきた彼からの電話は、お局さまの目を盗みながら小声でコソコソ。

【35年前】デートは“ダー”のリードでオシャレなバーに

【35年前】デートは“ダー”のリードでオシャレなバーに

 花金(花の金曜日。死語ですね)になれば、ボディコンシャスな服を身にまとい、太い眉に赤い口紅でバッチリメイクをきめて、男性との出会いを求めて、夜の街に繰り出します。

 ダー(彼氏:ダーリンの略、これまた死語ですね)がリードしてくれるデートでは、高級なお店に連れて行ってもらったり、ブランド品を買ってもらうのがステイタスで……。

【現在】流行のカフェでまったりデート

【現在】流行のカフェでまったりデート

 現在の、“自分らしく”等身大でいることを大切にし、頼りない彼との関係も対等という女性からすると、当時の女性のイケイケっぷりは痛々しくもあり……なんだか、のんきで羨ましい?

「自分らしく」なんて夢のまた夢の35年前



 でも、よく考えると、35年前にこうした”花のOL”はごく一部だったと思うのです。当時の25~29歳の女性の就業率は47.5%と、現在の半分にも届きません(2014年は75.7% ※2)。特に、オフィスで働ける女性なんて少数派。

 “自分らしく”生きたい・働きたいと思っても、35年前は社会全体に「女性が働く」という前提がないわけです。学校を卒業後、会社に就職できたとしても、任されるのは事務やお茶くみの雑用も多かったとか。

 しかも、「結婚したら退社」という暗黙のルールも多くの会社にあったといいます。長く働くという選択肢のない女性に残されたのは、「家庭に入る」という道だけだったわけです(逆に、今は専業主婦になりたくても、男性の収入が不安定で難しいんですが)。

 そんな1980年に創刊した『とらばーゆ』は、“いかに女性が戦力になるか”を説得しながら求人を開拓してきたそうです。

『とらばーゆ』は数々のコンテンツでU29女子を応援

『とらばーゆ』は数々のコンテンツでU29女子を応援

 最近、政府は「ウーマノミクス」というスローガンを掲げて、女性の活躍推進! なんて言っているけれど……これは35年後、どんな歴史として残るんだろうか? と考えちゃいますよね。

「出産後も同じ会社でそのまま働こうかな!」「旦那さんにも育休とってもらおうっと!」とか、そんな会話が当たり前のようにかわされる35年後だと、ちょっといいなあ~と思うのです。

『とらばーゆ』創刊35周年記念コンテンツ
「こんなに違う?」 35年前と今のU29女子!
http://toranet.jp/contents/u29/35th/

※1:「U29(ユニーク)女子プロジェクト」:20代後半=「U29」の女性たちが、自分独自(ユニーク)の未来を描くことを応援するプロジェクト

※2:総務省「労働力調査」

<TEXT/女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ