Beauty

何のためにヤセたいの?「10kgヤセ」のダイエットコーチの教え

<おデブ、ブス……コンプレックスをパワーに変えてブレイクした女たち Vol.5>

コミックエッセイ『どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgヤセました』が5万部を突破し、大注目のダイエットコーチEICOさん。実は、ブロガー・作家のはあちゅうさん、最終選考を目前に控えたミス・ユニバース岩手代表の冨田彩紀子さんは、EICOさんのダイエットサロンに通っていたという縁があるのです。3人が「自身の抱えていたコンプレックス」について語ってくれました。

目標が具体的であればあるほどダイエットは成功する!



はあちゅう:ありのままの自分も大事だけど、それで開き直っちゃいけないと思っていて。

大学時代は顔がパンパンだったけど、小顔矯正に何年も通ったり、マッサージを毎朝晩して、割とすっきりして、見た目って変わるんだなって思ったことから、小さいことだけど自信ができたんです。ダイエットとか見た目がキレイになることって他人にとっては小さいことかも知れないけど、人生観まで変えてくれるんだなって思いましたね。

EICO:冨田さんは、7kgヤセて人生観変わりました?

冨田:はい、変わりましたね。元がネガティブだし、些細なことでもすぐに自信をなくして泣いちゃってたんですよ。でも今は、ダイエットに成功したっていう自信がひとつあるので、まだ頑張れるよ、大丈夫だよって、もう一人の自分が出てきて励ましてくれる感じです。

今でもたまにドカ食いすることありますよ。元おデブなので。おせんべい一袋食べちゃったりとか。そういうときも、以前だったら自分を責めて落ち込んでたけど、「ま、こういう日もあるよね」って切り替えられるようになりました。

冨田彩紀子さん

7kgヤセて、「世界基準の美」を手に入れたミス・ユニバース岩手代表・冨田彩紀子さん

EICO:太ってても別にいいんです。自分に満足していればダイエットする必要はないと思うんです。でも、コンプレックスになって自分がやりたい夢や行動にストップをかけているなら、努力してみてもいいんじゃないかな。

自分がキレイじゃないって意識でいると、自分に自信が持てないから、やりたいことがあっても諦めちゃうんですよね。私も、太っていたときは人に会いたくなかったし、会っても自分がどう思われているのかいつも不安でした。今は、他人が自分をどう思おうがどうでもよくて、他人から何を言われても何も思わないんですよ。精紳的にもとてもラクです。

はあちゅう:私は、キレイな人を見てものすごく嫉妬することが未だにあって……。年下で、美人で、しかも文才まである子がいるんですよ。何一つとして人間として勝ってない、なんで私には何もないのに全部持っている人っているんだろうって勝手に落ち込んで、悔しくて泣いちゃったり。この間は3日間、落ちてました。

EICO:でもそれが、はあちゅうのパワーになっているんだよね。

はあちゅう:はい。そういうのも、私には定期的にくるんですよ。たぶん、これからも。でも、それがまた考えるきっかけになったり、そういう自分をどうやって励まそうとか、分析することで本になったりしているので、それが、私にとっての「コンプレックスは武器」かもしれません。

EICO:あくまでダイエットによるキレイも「道具」でしかないんですよ。そこをゴールにするのではなく、ステップにして、キレイになって何をやりたいのか目標を定めることが大事なんですよ。だから、一番ダイエットの成功率が高いのは、挙式を控えた花嫁なんです。冨田さんも、「ミス・ユニバース」という目標が定まったら、あれだけやめられなかった過食がピタッと止まりましたからね。

冨田彩紀子さん

おデブ時代の話を笑って話せるまでに成長

冨田:はい。今は、世界の美を目指せるところにいるので、ミス・ユニバースで日本代表になって、世界で見てきた美や健康の情報を、女性たちに発信していけるような存在になりたいと思っています。こういうふうに考えるようになったのは、EICOさんの影響が大きいんです。EICOさんは大学生のころからの憧れ。こんな女性になりたいってずっと思っていました。コンプレックスを乗り越えてきているところに、すごく勇気をいただいて……。私も、後に続く女性に勇気を与えらえるような存在になりたいと思っています。

EICO:私のほうこそ、冨田さんとはあちゅうから学ぶことがすごく多いんです。2人とも「努力の人」だから。最初から完璧ではなかった。けれど、今は第一線で活躍している。きっと、お二人の話は、ダイエットしたいのにうまくいかないとか、自分にコンプレックスがある女性たちの力になると思うんです。是非これからも発信を続けて、皆さんを勇気づけてくださいね。

【ダイエットコーチEICO】
日本初のダイエットコーチとして、マンツーマンで700人以上ものダイエットを指導。徹底的なカウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、最短で最適なダイエット方法を提案している。自身も21才の時に4ヶ月で11キロ、1年でトータル20キロの減量を達成し、翌年準ミス日本を受賞。特に「サイズダウンさせるのが難しい」と考える女性が多い、下半身ヤセに定評がある、下半身ヤセのスペシャリストでもある。著書に『EICO式下半身やせメソッド』『ダイエットで悩んだって、1kgも減りません』(共に主婦の友社)『ダイエットが「ツライ」と思ったら読む本』(KKベストセラーズ)など。

【冨田彩紀子】
早稲田大学国際教養学部卒業後、外資インターネット会社に入社。
ダイエット成功後、雑誌 『Oggi』 の専属読者モデルを経験。現在はミス・ユニバース岩手代表として、日本代表になるためのトレーニングに励んでいる。
趣味はアメリカ手話。学生の頃アメリカ手話で授業を行う大学に留学した経験から、現在もボランティアで手話を教えている。

【はあちゅう】
ブロガー・作家
慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェク トを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、「はあちゅう」名で幅広く活動。
2009 年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。2014年9月からフリーで活動中。
著書に『恋愛炎上主義』(ポプラ社)など多数。
オフィシャルブログ
http://ha-chu.blog.jp/

どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣"に気づいたらみるみる10kgヤセました

ヤセない人共通のNG行為を改めれば誰でもスリムになれる! そのノウハウを実録コミックエッセイで伝授! “気づくだけ”でダイエットは成功する!

半径5メートルの野望

ブログにも書けなかった28歳女子の本気論。




あなたにおすすめ