Love

脈のない男を追いかけ回した30代女性の悲劇

今や、すっかり定着した感のある「大人女子」という言葉。「いつまでも自分を大好きでいるために、30歳を過ぎても女のコの気持ちを忘れない!」という女性が増えているのだ。30過ぎて女子もないだろ、と流してしまうなかれ。“自分大好き”を公言し、“女子”であることに執着する30代――。そんな大人女子と付き合ったことのある男性に、彼女たちの暴走恋愛パワーを告白してもらった。

虚言癖ガール(35歳・PR会社勤務)と別れた男の証言



30代女性「虚言ぎみの女性にあやうく騙されてヤッちゃうところでした」とは、同僚から猛烈なアプローチを受けた佐藤俊之さん(仮名・40歳)。「社内での評判は<明るくていいコ>。でも、電話口で大声で話して“仕事がデキる感”をアピールしたり、ファッションリーダーを自称しているからか、パーティみたいな格好をしたと思ったら次の日は古着で決めてみたりと、どこか変なんです」。

 そんな彼女に佐藤さんが一瞬ゆらぎかけたのは1年前。「仕事で落ちこんでたときで、人恋しかったので二人で飲みに行きました。帰り際に迫られたんですが、本能的にやばいなと思って何もせず帰りました。でも、怖いのはここからなんです」。

 なんと彼女、佐藤さんに何の確認もなく勝手にホテルのスイートルームを予約したという!「聞かされたのは当日ですよ!行けないと言っても1時間置きに<今、すごい下着を着てるの。早く来て>と電話が。これが朝方まで続きました……」。

 その後、彼の元に彼女から「出会えた奇跡を信じたい」という驚愕の手紙が送られてきた。「こっちは全く信じてないから(笑)、きっぱり断りました。そしたら途端に悲劇のヒロインに。さんざん号泣したあげく、<アイツはSEX依存症>だと社内で吹聴し始めたんです」。

 実際は、SEXはおろかキスすらしてないのだという。「呼び出して問い質したら、<そんなこと言ってない>の一点張り。しかも<おばあちゃんが死んだばかりでつらい私に、何でそんなヒドいこと言うの?>と。その後、おばあちゃんは健在だとわかりました(笑)。もはやビョーキですよね」。

女性への教訓



迫ったのに何もしてこない男は、まず脈がないので、さっさと別の人にいくほうが幸せです。

取材・文/SPA!30代自分大好き女子取材班 イラスト/ただりえこ
― 30代[自分大好き女子]の暴走恋愛【5】 ―




あなたにおすすめ