♂&♀

エロ写メをLINEで公開された!別れ話に彼氏は逆ギレ

 スマホの普及もあり、私生活で“エロ撮影”を許可してしまう女性が増えている。だが、その行為は逆恨みによるネット流出「リベンジ・ポルノ」に繋がりかねない。リベンジ・ポルノとして流れる多くは、恋人同士だからという前提で、大半が“私的なモノ”として撮られている。

「愛情表現の一つ」、「胸ならフツー」、「勢いに負けて」と、警戒心が緩い女性たちも多いようだが、以下のような事例がすでに発生しているということだけは知っていてほしい。

「危ない!」女性の私的エロ撮が激変中

エロ写メをLINEで公開された女性



 都内在住の内田恵美さん(仮名・26歳)。現在の恋人とは1年ほど前にネット掲示板を介して知り合ったという。

「付き合ってからわかったんですが、彼は四六時中連絡をとりたがる人で、すごく“粘着質”な性格をしていた。一日に何度も電話されて、仕事とかで出られないと不在着信が十何件と来てる。家の前で張り込まれることもあった」 ただそれも愛情だと、恵美さんは半年ほど交際を続けてきた。

「彼がエッチ中によく写メを撮るようになったのは付き合ってしばらくしてからですね。一応、『顔は写してない』って言うし、あんまりしつこく聞くのも悪い気がしてスルーしていました。それに、『一人でいるときに見たいから』って言われて、正直、少し嬉しがっている自分もいたんですよね」

 仕事中に「写メを送れ」と要求されることもあるという恵美さんだが、ある日驚愕の事実を知ることに――。

「あるとき、私が彼に奉仕している最中の写メを、彼がLINEのグループチャットで友達に公開しているのを知ったんです。彼は『どう?』とかチャットで尋ねていて、『むしろ引いた』って友達から教えられました。

 最低だと思ったし、もう別れようと言いました。そしたら彼は逆ギレして家の中で暴れ……。結局、別れられないままです」

 “彼に求められて嬉しい”、という気持ちを見事に裏切られてしまった恵美さん。はやく彼氏と別れることができればいいが……。

― 「危ない!」女性の私的エロ撮が激変中【2】 ―




あなたにおすすめ