Gourmet

元祖アイドル女子アナが見つけた、世界一おいしい日本の「食パン」4選

 カトパンでも、ショーパンでもなく、フジテレビ史上最高の女子アナといわれた高島彩でもなく、女子アナ=アイドルの元祖といえば、元フジテレビアナウンサーの中村江里子でしょう。

 同期入社の近藤サトと共に、美人女子アナツートップとして君臨し、一時代を築いた中村江里子。とんねるずの石橋貴明に「ひな」と呼ばれていじられ、現・『とくダネ』の小倉智昭キャスターに、「えりちゃん、えりちゃん」と可愛がられ、数々の人気番組に出演していました。

現在はパリ在住で3児のママ



中村江里子

現在の江里子さん。3児の母とは思えない若さ!

 退社後は、化粧品会社経営のフランス人、シャルル・バルト氏と結婚。現在は、パリで3人の子どものママとして幸せに暮らしています。

 おしゃれなセレブライフと、毎日の暮らしの中で感じる日仏文化の違い、異国で子育てに奮闘する様子をアップしたオフィシャルブログが女性たちのハートをわしづかみ! 60万V/月を誇る人気ブログとなっており、昨年10月発売のライフスタイルブック『セゾン・ド・エリコ』もたちまち重版がかかるほどでした。

 彼女はアナウンサー時代から、おいしいパンを探しにオフは自腹でパリへ通っていたぐらいのパン好き。『セゾン・ド・エリコ』VOL.2(3月14日発売)は、大好きなパンについて特集しています。江里子さん自身が、パリと東京で歩いて探して、試食会も決行。

 東京で発見した、パリを超える本当においしい焼きたてパンの店・29軒のなかから、今回は「食パン」の名店をご紹介します!

『セゾン・ド・エリコ』VOL.2

パリにもない、日本独特の「食パン」



 パリにも「パン・ドゥ・ミ」はありますが、「日本の食パンのおいしさにはかないません。甘い香りやふわふわの食感は日本ならでは」と江里子さん。まずは朝の食卓が幸せになる食パンを!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=217034

1)週末だけ開店する隠れ家パン屋さん「ワルン・ロティ」
(目黒区洗足)
http://www.warungroti.com

ワルンロティ(1) 店主の大和田聡子さんが小麦育種家の父が育てた岩手の小麦「こゆき」を使って焼いた天然酵母のパンを、自宅に併設した店舗で金・土・日飲み販売。バターや砂糖は使わずに塩、水だけで作られたこゆき食パン(450円・税別)は小麦の甘みがダイレクトに伝わる。トーストしてバターを塗ると、そのしみこみ具合が、また、たまらない!

2)毎朝店外まで続く、長蛇の列がおいしさの証「ダンディゾン」
(武蔵野市吉祥寺)
http://www.dans10ans.net/

ダンディゾン(1) 作った人の顔が見える素材を厳選。スペイン産オーガニックオイル、よつ葉バター、とようけ屋山本の豆乳……等々、おいしい素材が凝縮された食パン。食パン0E15(310円・税込)はしっとりもっちりで、一つ一つの素材の味が確かにわかる! 食パンはオリーブオイル、バター、豆乳、牛乳、水の素材の配合が違う4種類があり、食べ比べるのも楽しい。

3)予約必至の食パンが大人気「ブランジェリースドウ」
(世田谷区世田谷)
http://d.hatena.ne.jp/Boulangerie-Sudo/

スドウ(1) パティシエ出身で数々のコンクールで受賞歴のあるシェフの作るパンは、佇まいも美しく品格がある。山型と角食の2種類の食(ともに580円・税込)は香ばしく、しっとりとなめらかな味わい。どちらも1か月前から予約しないと買えないほどの人気。バターの香りが口の中にたっぷり広がり外はさっくり、中はしっとりのクロワッサンもおすすめ。

4)ゲットするコツは開店前から並ぶこと!「アオサン」
(調布市仙川町)
ホームページなし(調布市仙川町1-3-5)

アオサン(1) 国産小麦をブレンドし、3日間の長時間発酵をした小麦の風味が楽しめる食パン。もちっとした食感で、トーストするととろけるような甘さのある大人気の食パン(1斤250円・税別)は2か月先まで予約分でいっぱい。でも、開店前から並べば当日分を買える可能性あり。くるみがぎっしり詰まったノワ カンパーニュも人気の一品。

<TEXT/MINO(高場実乃)>

Saison d' Eriko セゾン・ド・エリコ Vol.2

「もっと楽しく! パリのデイリー・スタイル」。パリと東京で探した「焼きたてパン」大特集では、最高級ホテルの朝食から、街角の行列店までを完全ガイド。ほか、ファッションやライフスタイルなど江里子さんならではの情報を発信




あなたにおすすめ