Love

今のパートナーと「内心では別れたい」人は●割いる

 8月7日は何の日? そう、8と7で、パートナーの日!!……と掲げるのは、コンシェルジュによる婚活支援サービスの株式会社パートナーエージェント。日本記念日協会にも登録されている、れっきとした(?)記念日です(ちなみに記念日協会へ記念日登録料は1件10万円だとか)。

 そんな、パートナーの日にちなみ、「婚活川柳」の公募が行われています。「婚活」や「パートナー」をテーマにした川柳を幅広く募集しています。今年で第5回目を迎える「婚活川柳」、2013年4月には過去に選ばれた優秀作品をまとめ書籍化もされています(「ブーケトス 名前指名で さらしもの」「一瞬の モテ期の奢り 致命傷」など笑える&イタイ川柳が満載)。

 上位に選ばれると、ペア宿泊券、ペアお食事券などの副賞ももらえるそうです。
応募方法など、詳しくは「婚活川柳」特設サイトへ 

男性の3~4割は離婚願望がある



婚活, 恋愛, 恋愛の悩み, 悩めるオンナたち, 本音, 男の生態, 結婚 ところで「パートナー」について、日本法規情報株式会社から気になるデータが発表されています(6月30日発表)。現在パートナー(恋人、夫婦)がいる人のうち、「パートナーと別れようと思ったことがある」と答えた人が55%に上るというのです。

 ちなみに、別れたいと思った理由ベスト3も発表されています。

1位 相手と向き合う時間が少ない
2位 交際、及び結婚生活の維持に協力的でない
3位 姑問題や友人、学歴などに不満がある

 でもこのデータ、調査対象・人数もわからないうえ、離婚相談サービスをやっている会社の調査なので、55%という高い数値が出るのは当たり前では?

 そこで別の調査を探してみたところ、カルチャースタディー研究所が行った「中高年男性調査」(1都3県在住の40~64歳男性2201名)を発見。同研究所はマーケティングリサーチャーの三浦展氏が主宰するシンクタンクで、結果は『妻と別れたい男たち』(2012年、三浦展著)に収められています。

 この調査によると、離婚願望がある男性は4割弱にも上るという結果でした。

「離婚したいと思ったことがあるか」との質問に対し、
●「ない」62.6%
●「たまにある」29.6%、「よくある」5.8%、
●「いつかきっとしたいと思う」2.0%    合計37.6%


 また「妻と離婚しないまでも別居したいと思ったことがある」は約33%「妻から離婚したいと言われたことがある」は約25%

 要するに、夫婦でもお互いに3~4割は“お別れ願望”があるわけです。これに恋人も加えれば4~5割でも不思議はありません。いずれにせよ、パートナーには何かしらの不満を抱えているのが通常、ということでしょうか。

 でも、2030年には男性の3人に1人、女性の4人に1人が生涯独身になると予測されている中、多少の不満がありつつもパートナーが存在するということは、それだけでありがたいことなのかも!? お相手のいる方もいない方も、8月7日のパートナーの日を前に「パートナー」について考えてみてはいかが?

【調査概要】「中高年男性調査」カルチャースタディーズ研究所
対象:1都3県在住の40~64歳男性2201名(既婚1971名、離別230名)
期間:2010年10~11月 ネットマイルモニターに対するインターネット調査
※結果は集英社新書『妻と別れたい男たち』を参照

<TEXT/高野萌奈 PHOTO/Marcel De Grijs>




あなたにおすすめ