Lifestyle

正しい洗濯で生乾き臭をゲキタイしよう

彼氏・ダンナが寝ているベッドにすべり込んだ瞬間、「くっさ~!」と思ったことはないだろうか。さらにシャワーも浴びず服のまま寝てしまったもんなら、もう鼻が曲がりそう。愛はあってもガマンならない男の体臭問題、どうする?

正しい洗濯で生乾き臭をゲキタイしよう



洗剤

洗う前に乾かす。この一手間が生乾き臭をなくすことに大きなカギを握るのだ

 服の匂いで一番多いのは、「生乾き臭」だろう。部屋干しなどで乾くのに時間がかかると、そのあいだに雑菌が繁殖して、すっかり乾いたあとでも匂いが取れないのだ。そこで人気が急上昇しているのが部屋干し用の洗剤。ところが、専用の洗剤を使っていても、正しい洗濯や乾燥方法を知らなければ効果は薄くなってしまうのだ。

 生乾きを防ぐポイントは、一回の洗濯量と干し方にある。洗濯物は洗濯槽のキャパの8割以下を厳守。洗剤を繊維のすみずみまで行き渡らせることができないと、専用洗剤の効果が薄れてしまうのだ。濡れた衣服を洗濯機の中に入れっぱなしにするのも厳禁だ。濡れたまま洗濯槽に入れてしまうと、洗濯槽内で雑菌が繁殖して匂いがうつってしまうのだ。

 すぐに洗わないのなら、イスなどに掛けて一晩乾かしてから洗濯槽に入れるといいだろう。部屋干しする際も、扇風機やエアコンで風の動きを作ることが重要。密着した洗濯物は雑菌が繁殖しやすくなる。間隔をあけて干し、風が通るように心がけたい。

<正しい洗濯の方法>
・洗濯物は洗濯槽の8割まで
・柔軟剤で消臭効果アップ
・濡れた衣類は乾かしてから
・部屋干しのときは風を通せ

アロマアロマオイルで消臭&芳香



 アロマを楽しむ女性は多いが、体臭のある夫や彼氏にも、ぜひ勧めてみよう。男性の救世主にもなりうるのだ。使い方はいたって簡単。洗面器にぬるま湯を張り、清油を数滴たらしてかき混ぜ、タオルを浸して体を拭くだけでいいのだ。

 実際やってみた男性記者は、「体が少しスースーして、イイ香りが全身を包んでくれてうっとりします」。ほかにも、シャンプーや石鹸に数滴たらして体や頭を洗ったりしても効果的だという。それから、ボトルに入れて少量のアルコールと水を混ぜたものを、洗濯物やお部屋にそのまま噴きつけてもいい

<消臭殺菌効果があるアロマオイル>

「サイプレス」
ヒノキ科の針葉樹から採取されるウッディで爽やかな香り。発汗を防ぐ作用を持ち、脂性肌のスキンケアにも

「レモン」
殺菌作用のほか、肌の引き締めや、体温を下げる効果も。直射日光に当たる部位には使用しないこと

「パチュリ」
エキゾチックで深みのある香り。抗菌や肌の引き締めに優れている。悪臭を除く効果も期待できる

腕時計は意外な匂いの元凶



腕時計 衣類の生乾きや汗など、誰もが知っている体臭の原因以外にも意外な匂いのもとがある。それが腕時計などの装飾品なのだ。革製のベルトは汗を吸収しやすく、また、皮膚と密着しているので乾きにくい。そのため、雑菌が繁殖して匂いを発しやすくなってしまうのだ。もちろん、金属製の腕時計だからといっても安心はできない。金属製の腕時計では、ベルトとベルトの間に溜まった垢が汗で蒸れて雑菌が繁殖し、強烈な異臭を放つのである。

 また、こうした装飾品が引き起こす悪臭は、腕時計に限ったことではない。ネックレスやブレスレット、チョーカーなどでも起こりうることなのだ。胸に飛び込んでギュッと抱きしめられたら、ネックレスと腕時計の悪臭でノックアウト……なんてことにもなりかねないのだ。

 こうした悪臭を防ぐためには、ベルト部分のクリーニングが必要だ。しかし、皮革製品の水洗いは難しいので、その場合はアルコールを使って消毒するといいだろう。場所が腕だけに体よりも大きく振ったり、電車内で吊り革を持つなど相手の顔の近くに差しだすことも多い。そのため、本人の知らぬ間に匂い爆弾を投げつけている可能性もあるのだ。

取材・文/高木瑞穂 永利彩乃 野中ツトム(清談社) 長谷川大祐(本誌)撮影/渡辺秀之
― 彼氏・ダンナが臭い!30代男の体臭を消す方法【2】 ―




あなたにおすすめ