ハンバーガーを“ヘルシー”に堪能する3つのポイント・後編【ずっとキレイでいる食事】

⇒【前編】「ハンバーガーを美の観点で選ぶなら? 大手チェーン4店のオススメ&避けたいメニューを紹介」はコチラ

サイドメニュー・ドリンクはどう選ぶ?



 お肉たっぷりボリューミーなハンバーガーを選んだ場合、フライドポテトやフライドオニオンといった揚げ物系ではなく、サラダ系をチョイスしましょう。逆に、ポテトをたっぷり堪能したい人は、軽めのハンバーガーを組み合わせてください。

ずっとキレイでいる食事

フライドポテトはやっぱり要注意

 大切なのは、最終的な全体バランス。甘い飲み物は、糖質過多を助長するため、コーラやフルーツジュースではなく、コーヒー・お茶にシフトして。

ハンバーガーをヘルシーに堪能する3大ポイント



1.全体バランスを考えればOK

 気がつけば、全部食べて1000kcal超といった悲惨な出来事は容易に起こります。上にも述べた通り、サイドメニューの組み合わせを考えながら、ハンバーガーを美味しく楽しみましょう。分かりやすい指標としては、フライ・チーズ・マヨネーズが多くなり過ぎないように意識をするだけで、結果は大きく変わります。

2.我慢は「工夫」で乗り越えろ

 大好きなハンバーガーを我慢して、ストレスを溜めてしまっては本末転倒。我慢は工夫で解決したいもの。例えば、脂肪が蓄積しやすい夜ではなく、ランチで楽しむ方がオススメですし、夜に野菜スープや生サラダメインの献立にしたり、仕事帰りにジムに行く、ひと駅余計に歩いて帰るなどの調整をすれば大惨事にはなりません。頻度としては、上質なものを、月1、2度楽しむくらいが良いでしょう。

3.第三の選択肢を持つ

 東京・青山に本店を持つ『the 3rd Burger』の店舗拡大しかり、最近、大手チェーン店や高級専門店とは一線を画す、新たなハンバーガーショップが登場しています。それは、店内手作りや無添加にこだわり、「美容・健康」をコンセプトとして強く打ち出しているお店。

 ここでは、栄養バランスを考慮したメニューが多くそろっているので、美容感度を保ちながら、安心してハンバーガーを楽しむことが可能です。また、実はハンバーガーって、材料をはさむだけの簡単料理。週末、自宅でヘルシーハンバーガー作りにトライしてみるのも新たな選択肢としてオススメです。

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ