Love

“気分手帳”で彼氏ができる?幸せに近づく、願望実現メソッド

 新年度もスタートしてひと月。今年こそ素敵なパートナーと出会いたい……と思い悩んでいたら、当サイトでも記事を書いている「恋愛・婚活研究所」主宰の作家・にらさわあきこさんが、「夢を叶えるワークショップ」なるものを行っているとの情報をキャッチ。いったいどんな内容なのか体験してまいりました。

“恋愛呼吸”っていきなり渋い



 訪れたのは、表参道駅から歩いて2分ほどの場所にあるサロン。鏡張りの室内は、セミナールームというよりもトレーニングルームといった感じです。

写真1

今日のコンテンツ

 この日、集まっていたのは20代からから30代後半までくらいの9人の女性たち。席には、今日のコンテンツを書いたバインダーが置いてありました。10ページほどの用紙には、書き込むスペースがたくさん。

「ここに、ご自身の言葉でどんどん“理想”を書き込んでいただきます。自分の手で書くことで、自分の行うべきことを自分のものとしてしっかりと体に覚えこませるんです」(にらさわあきこさん、以下・にらさわさん)。

 ワークショップの流れについて説明があった後、全員で立ち上がって、まずは呼吸をするところからスタート。

 にらさわさんによると、「恋を叶えたいときには、恋愛呼吸をするのがオススメです」

 ……え、恋愛呼吸って何? と思ったのですが、要は、息を吐ききってから、吸い込むときに「自分の恋愛が叶った状態をイメージする」ということらしいです。

「とはいえ、このイメージはまだつかめてないと思うので、これから理想を描くレッスンをしてから、最後にもう一度行いますね。とりあえず、体をほぐしていただいてリラックスした状態で理想を描いていきましょう」

理想は「絵で描くこと」が大事



 ということで、にらさわさんの指導の下で、それぞれが「自分の理想とする情景」をイラストに描いていくことに。絵が苦手な私は、「どうしよう?」ととても躊躇したのですが、「最初は適当に書いてみて、どんどん直せばいいですよ」と言われたのでまずは気楽に描いてみることに。

写真2

理想の未来をイラストで描く

 すると、以外にも描きたいイメージが次から次へとわいてきて、下手ながらもそれなりの絵をなんとか描くことができました。

「最初は、頭に浮かんだものをとりあえず描いてみるのが大事です。描いているうちに別のイメージが浮かんだら、一から描けばいいですし、足したくなったら足せばいい。なによりも大事なのは、“幸せな状態”をイメージして、ウキウキしながら描くことです」(にらさわさん)

 確かに描いているうちに楽しくなってきて、自分の理想とする未来の形がなんとなくわかった気がしました。好きな男性のタイプについて、私は人から聞かれたときには、「イケメンで仕事ができる人がいい」と言っていたし、自分でもそうだと信じ込んでいたのですが、私が描いた「理想の未来図」は、優しそうな男性とお弁当を持ってピクニックに行くもの。

 ということは、私はそんなことが一緒にできるようなパートナーを求めていたのですね。これには自分でも驚きましたが、とても納得したのです。だって考えてみれば、どうしてイケメンがいいと思っていたかと言えば「なんとなく」でしかなかったし、イケメンに会っても「自分と一緒にいる感じがしない」と自ら相手を遠ざけていたのでした。こんなことを続けていては、理想の人とうまくいかなくて当然です。

「みなさん、自分の理想を言葉でいうと、“なんとなくよさそうなイメージ”を口にしてしまいがちですが、本当のパートナーとは“自分といてしっくりくる”人ですよね。だから、2人でいる姿をイラストで描いてもらっているんです」(にらさわさん)

 私の隣にいた女性は、身長が同じくらいの男性と手をつないでいる絵を描いて、「私って、案外背の低い男性が好きだったんだ」と私以上に驚いていました。

“気分”をスケジューリングするとは斬新!



 こうして自分の「理想」がわかったら、各々で決意表明する言葉を最初のページに書いていきます。私の場合、「一緒にピクニックに行けるような男性と知り合って結婚する」という感じ。

にらさわさん

恋愛・婚活研究所主宰のにらさわさん

 表明の言葉を決めた後は、順番に発表していったのですが、発表した後に、「わあ、素敵!」とか、「それ、合ってますね」「叶いそう」などとみなさんに言っていただけたので、嬉しくなって本当に叶うような気になりました。

 すると、「今の嬉しいと思った気分を忘れないでいてくださいね」と、にらさわさん。恋愛呼吸をする時には、このイメージを思い出すことが大事なんだとか。

 続いて、理想を「実現する予定」をスケジュールに落とし込んでいったのですが、斬新だったのはその時の「気分」も一緒に書き込んだこと。

 にらさわさんによれば、気分こそ、自分でコントロールできる最たるもので、スケジュールに書き込まないのはもったいないことなのだとか。

 事実、にらさわさん自身もその方法で多くの夢を実現させていて、さらにこの方法を教えた人たちも続々と理想を実現したのだそうです。

 たっぷり2時間ほど作業をして、最後は、“恋愛呼吸”で終了。にらさわさんのワークショップは、今後も開催していくそうなので、詳しい情報が知りたい方は、HPやブログをのぞいてみることをオススメします。

<TEXT/市吉いとこ PHOTO提供/にらさわあきこさん>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

●ワークショップの感想はこちら http://ameblo.jp/nirasawa-akiko/entry-12007458236.html

●恋愛・婚活研究所ホームページ http://nirasawa-akiko.wix.com/nirasawa

【にらさわあきこさんプロフィール】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。幸せになりたい女性たちに向けたワークショップやセミナーなども定期開催している。
●恋愛・婚活・キャリアカウンセリングの受付はこちらから⇒http://ameblo.jp/nirasawa-akiko

市吉いとこ
ライター。恋愛や結婚に興味はあるが、気がつけば彼氏いない歴ウン年。出会いに関して取材を続けている。アラサー。
必ず結婚できる45のルール

たくさんの読者を幸せにした最強のルール本。良いパートナーを見つけるルール満載。




あなたにおすすめ