Lifestyle

ムリに若作りするよりも…“オバサン”の女子力に学ぶ

汚ブス研究家・KENJIの「内面美人への道」Vol.21

 オネェ社長のKENJIです。あ~ら、“オバサン”だなんて失礼しちゃうわね!!  女だったら、いつまでも美しく、かわいくいたいもの。

「まだまだ、オバサン扱いをされる年齢じゃないわ!!」って思っている方はKENJI以外にも多いんじゃないかしら。

KENJI

KENJIです!

“オバサン”ってどんなイメージ?



 その前に、女性たちがどういう人を“オバサン”だと思っているのか、KENJIがいくつかの女子会でイメージ調査をしてみたわよ!!

============

“オバサン”と聞いて真っ先に浮かぶイメージとは?

1位 アニマル柄のTシャツを着ている/17人(31.4%)
2位 電車やバスの座席で隙間があれば腰掛けてくる/12人(22.2%)
3位 声がデカい/10人(18.5%)
4位 強めのパーマをかけている/8人(14.8%)
5位 買い物上手(値切るのがうまい)/5人(9%)

6位 性別を変えられる(男子トイレに入れる、など)/2人(3%)
6位 強い/2人(3%)

※10代~40代の女子会参加者54名にアンケート調査
============

 人それぞれ、オバサンのイメージってあるわね。

 悪い意味での「オバサン」とは、女らしさを維持するモチベーションを放棄し、異性の目を気にしなくなった状態のこと。年齢とともに失われてしまう“若さ”や“美しさ”を気にしなくなった瞬間、内に秘めていた“オバサン心”が込み上げて、いつしか言動や体に現れてしまうの。

オバサン化より問題なことは……



 でもね、「オバサンと思われたくない」という葛藤が、かえって女性に損をさせてしまうこともあるんです。

 30代・40代になっても自分のことばかり考えて、化粧品、エステ、ファッション……にお金と時間を費やしては、自信をつけて他人のことを見下したり、逆に人目ばかり気にして勝手に関係を気まずくさせる人って、多くお見かけするの。

「自分の見てくれのことばかりに気を取られ、人を蔑む心を持つこと。」
「場の空気を読み過ぎて、逆に変な空気を作ってしまうこと。」
これは考えものよね。

 誰でも絶対に年を取るんだから、見た目のオバサン化に抵抗するだけじゃなくて、可愛いオバサンを目指す、という道もあると思うの。

目指すは”オバサン女子力”



 “オバサン”って煙たいこともあるけれど、なんだか憎めないことってないかしら。それが、オバサン独特の女子力なのよ!!

 それは何かというと、アタシは“愛嬌”だと思うわ。意図的に相手を喜ばせようとする“愛嬌”こそが、女性としてもっとも必要な力ではないかしら。

 オバサンの買い物一つをとっても、学ぶべきところがあるわ。値引き交渉が上手なオバサンは、相手を楽しませながらペースに引き込み、厚かましそうに見せながら、相手や周りのことを考えながらコミュニケーションを図る。お互いを幸せにさせるスペシャリストだわ。

 “オバサン”という言葉に過剰反応するのではなく、オバサンならではの特殊能力“愛嬌”を参考にしてみてはいかがかしら。

⇒【動画】オバサン女子力で値切ってみました http://joshi-spa.jp/263438

<TEXT/KENJI>

【KENJIプロフィール】
女子会に年間400回以上呼ばれるオネェ社長。その経験から、「思いやりのない人・ブスッとした表情の人・隙だらけの人」を“汚ブス”と称し、「汚ブス研究家」としての顔も。2014年には、『女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条』を出版。現在、FBS福岡放送『クロ女子白書』にレギュラー出演中。
▼オフィシャルLINE BLOG & twitter
http://lineblog.me/kenji/
https://twitter.com/obusulabkenji

あなたにおすすめ