Beauty
Fashion

福山雅治も付けてた、格安で「70年代っぽく」なるアイテム【男女ともOK!】

 ファッションバイヤーのMBです。

 女子ならば流行の移り変わりは気になるところ。2015年春夏のレディースのトレンドは「花柄」や「デニム」や「ガウチョパンツ」など幾つかありますが、キーワードとなっているのが「70年代」です。

2015年春夏のキーワードは「70年代」



 考えてみればドカンと太いルーズシルエットの「ガウチョパンツ」は元々70年代に流行したもの。「デニム」や「花柄」なども70年代のヒッピー&ボヘミアンスタイルからの流れ。今年は70年代スタイルがトレンドとして注目されています。

MBさん

ファッションバイヤーMBさん

 しかし、いくら「流行」と言えど……毎年毎年のトレンドに合わせて服やバッグを買い替えていたのではお金も続かないもの。特にアラサー女子はあまりにも過敏に流行に飛びつきすぎると「節操ない」「無理してる」とも見られかねない。ベーシックスタイルにちょっとトレンドをプラスするくらいが大人がとるべき「流行との付き合い方」というものです。

 今年の70年代スタイルにおいて、「ちょっとプラスすべきアイテム」とは何か? 今回オススメしたいのは「70年代風じゃら盛りブレス」です。

ネイティブ系じゃら盛りブレスで気分はボヘミアン&ヒッピー!



 一時期ハリウッドセレブの間でも大流行した「70年代風のネイティブ系じゃら盛りブレス」。CHAN LUU(チャンルー)などのブランドが有名で目にしたことがある人も多いでしょう。数年前、煌びやかな18金ゴールドなどのいわゆる「ラグジュアリーブーム」が終焉を迎えた時、トレンドに敏感なセレブ達が次に飛びついたのが「ネイティブ系ブレス」。

ミックスサイズストーン 5連ラップブレスレット⇒http://www.chanluu.jp/fs/chanluu/wrapbracelets/115211023

 時代とトレンドが「作り込んだ美しさ」よりも「ナチュラルな美しさ」を求める様にシフトしていく中で、装飾品であるアクセサリーもその様に変遷していきました。そんなナチュラル志向な流れの中で今年は特に「70年代トレンド」が復興。例年にも増して、上記の様なヒッピーやボヘミアン調のじゃらじゃらと腕元に飾る「ネイティブ系ブレス」がオススメです。

 ナチュラル志向なTシャツやデニムなどのシンプル&ベーシックスタイルに、こういった「70年代じゃら盛りブレス」をプラスするだけで、トレンドをちょっぴり意識できるというもの。「たかだかブレスで印象変わらないよ」と思うかもしれませんが、「じゃら盛り」だからこそ視界に入る面積も大きく、アクセントも大。腕元だけでも結構変わるものです。

安くてもハンドメイドの「wakami」



 しかし、ハリウッドセレブに人気のCHANLUUなどは3万4万とかなりのお値段。トレンドをちょっぴり意識する「プラス1点」アイテムとしてはなかなか高価です。そこでオススメなのが……

アースブレスレット7ストランド⇒http://www.j-connection.jp/fs/jcstore/wa0389wht

 こちら。「wakami/ワカミ」というブランド。某有名居酒屋チェーンではありません。……しかし価格は某有名居酒屋チェーン並みに格安!

 なんと画像の通り「7本セット」で定価5,400円(税込)。CHANLUUなどと比べると格安です。

「安いだけあってチープなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、これが意外にしっかりしている。というのもwakamiの製品のほとんどが人間が手作業で編み込んで作っているハンドメイド品。編み目やビーズを見ても、安っぽさはありません。

 さらに驚くべきことに正規店での購入ならば3ヶ月間の交換保証もついてくる。これは購入後3ヶ月以内に壊れてしまったら無償で新品と交換するというもの。価格は手頃でも品質、対応などは高級ブランド並みです。

 日本ではBEAMSなどの大手セレクトショップのプッシュ、また嵐の松本潤さん、福山雅治さんなど芸能人有名人の着用の後押しもあり、徐々に人気が出ています。手頃な価格でトレンドを取り入れるには丁度良いアイテムです。

福山雅治が「つま恋フェス2013」で付けてたのはこのモデル

「流行なんて追いかけるの面倒くさい」
「雑誌読んでお金使って…と、そこまで暇じゃない」

 そう思う方も、手頃なアクセサリーならちょっとトレンドを意識した「流行との大人な付き合い方」が出来るはず。ボヘミアン、ヒッピーなどの70年代トレンドを手頃に感じることができるwakami。是非試してみてください。

<TEXT/MB>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【MB】
メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」は、女性が読んでも参考になる。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。日刊SPA!では「メンズファッション」に関するコラムを連載中。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

MB
メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、女性にも参考になる。著書は『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など多数
最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」を人気バイヤーMB氏が解き明かす。お金もセンスもファッション誌もいらない!




あなたにおすすめ