♂&♀

肉食男の「オレ流・口説きテク」がバカすぎる

草食系男が多い昨今だが、ひそかに数十人・数百人の女性を食い散らかしている肉食男も存在する。別にイケメンでもなく、「なんでこの人が?」と思うこともしばしば。そんな肉食男たちが懸命に開発した「オレ流・口説きテク」を取材してみた。女性のみなさん、気をつけましょうね!

下心見え見えの「美乳マッサージ」で



●体験人数50人 長野しんごさん(仮名・36歳/ビル警備)のケース

「居酒屋の個室で前戯までもっていきます」と豪語する長野さん。30代半ばにして年収は280万円と低いが、高校時代からのヤリチン人生は継続中だという。そんな彼の伝家の宝刀とは?

「マッサージです。個室居酒屋でトークし、和んだところで胸が大きくなるマッサージ(デコルテ)の話に。『教えてあげるから、自分でやってみなよ』と相手に実践させるんです」

口説きテク その後のスケベな展開を相手に想像させるのが狙いだとか。そして「ちょっと違うな、いい?」と、背後に回り込み鎖骨の下に手を伸ばす。

「下心ないフリをしてますが、バレバレですよね。でも建前はマッサージだから相手は黙って受けてくれます。そして“感じまい”と体をこわばらせていても、徐々に空気がジットリしてくるんです」

 ここまでくれば、あとは「ごめん、乳首あたった(笑)」と、ギャグっぽく乳首をつまみ、「感じたほうが、女性ホルモンが出て効果あるよ」と畳みかける。ここで「女性は降参する!」とか。

相手の話に聞く耳を持たず一方的に相談を持ちかける!



●体験人数15人 羽賀正平さん(仮名・33歳/自動車販売)のケース

 服装は無印良品系の無難路線、織田裕二を崩したような顔立ちの羽賀さん。見た目は実直そうだが「気の利いたトークやギャグは、モテには不要だ」とうそぶく彼の必勝法は「自分の弱みをさらけ出すこと」という。

「アソコが小さいってことで、彼女に振られたんだ/すごくショックで雑誌も読んだけど、ホントのことなんてわからないよ/実際、女のコってアレが小さい男をどう思ってるのかな/キミはコンプレックスなんてないでしょ?」

 というふうに、矢継ぎ早に質問を畳みかけ、自分のペースに持ち込むのだという。

「ポイントは、あくまでも深刻な表情で打ち明けること。こちらが真剣に話せば、相手も真剣に聞いてくれますから。世間では“女性の相談を親身に聞く男がモテる”って言われますよね。でも、立ち飲み屋で出会ったような男に本音を語るわけないじゃないですか。だったら、男から相談するしかない。

相手が同調して“実は私も恋愛で悩んでいる”などと言ってきたら、しめたもの。“お前は悪くない!十分頑張っているよ”と言うと、涙を流すこともあります(笑)」

 初対面ではとにかく距離を詰めることが重要で、“秘密の共有”が勝利への第一歩となる、と羽賀さんは言う。

 確かに男性に弱みを見せられたらキュンとすることはあるけれど、初対面で「アソコが小さい」告白はバカすぎない?

<ILLUSTRATION/Forever88>
― 男が明かす「口説きの裏テク」実例集【1】 ―




あなたにおすすめ