Love

実録・NPO法人のニセ名刺で口説くサギ男

草食系男が多い昨今だが、ひそかに数十人・数百人の女性を食い散らかしている肉食男も存在する。別にイケメンでもなく、「なんでこの人が?」と思うこともしばしば。そんな肉食男たちが懸命に開発した「オレ流・口説きテク」を取材してみた。女性のみなさん、気をつけましょうね!

バツイチのアラサー、アラフォーを狙う



●体験人数15人 山内惠介さん(仮名・36歳/リース会社)

 肩書は、NPO法人代表。名刺にはこうも記してある。

アナタの自立、無償で支援します

口説きテク「この文句が効果テキメンなの」。鋭い眼光でそう話すのは、偽装名刺で女を手玉に取る山内さん。

「本職はリース会社の営業なんだけど、オレの言葉の信用を勝ち取るにはパワー不足なわけ。狙いはスナックで働いているバツイチのアラサー、アラフォー。彼女たちは“人生の辛酸を舐めた”って自覚があるから、大きな儲け話をしたところで警戒されるだけ。小さいけど、確実に今の生活をラクにする方法を知りたがってる。そこを突くのが効果的なんだ」

 例えばこんな手口だ。

「『えーっ? そんなに家賃払ってるの? オレだったら半分にできるのに』とか、自信満々に話すのがコツ。家賃ネタって絶対に食いついてくるから、『あんまり大きな声じゃ言えないから、静かな場所でじっくり話そう』って切り出して、ホテルに誘うんだ」

 激しい肉弾戦に及んだ後は「電話して」の一言を残してドロン。無論、電話に出るはずもない。実際に使用している名刺は100枚1200円の名刺屋で作製。「安いもんでしょ」(山内さん)

 NPO法人=善のイメージを利用したサギが巷で横行しているが、これも一種の“NPOサギ”だ!

<ILLUSTRATION/>
― 男が明かす「口説きの裏テク」実例集【4】 ―




あなたにおすすめ