Entertainment

悪性リンパ腫に侵された元プロレスラー垣原賢人さん支援トークライブに、元UWF戦士たちが集結

垣原賢人さん

垣原賢人さん

 2014年12月30日、元プロレスラーの垣原賢人さんが、悪性リンパ腫(血液のがん)に侵されていることを公表した。「まさか自分がなるなんて……頭の中が真っ白です」と心中をFacebookに綴り、プロレス界、プロレスファンの間に衝撃が走った。

 抗がん剤投与や食事療法、そして骨髄移植を受けるためには莫大な費用がかかる。そこで「カッキー応援隊!」が結成され、試合会場に募金箱が設置されるなど、垣原さんを支援するための活動が始まった。5月18日、ロフトプラスワンで開催された「垣原賢人さん支援トークライヴ~克とうぜカッキー!~」もその一つ。ニコニコ動画のプロレス専門チャンネル「ニコニコプロレスチャンネル」公開収録として、元UWF戦士の垣原さんと親交の深い3人のゲスト(鈴木健さん、長井満也さん、高山善廣さん)が、UWFや垣原さんとの思い出を語った。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=269902

いつでも熱く、頼もしい存在だった“カッキー”



左・鈴木健さん 右・鈴木健.txtさん

左・鈴木健さん 右・鈴木健.txtさん

 最初の出演者は、元UWFインターナショナル取締役の鈴木健さん。この日MCを務めたプロレス記者の鈴木健.txtさんと区別して、「悪い方の鈴木健」と呼ばれている。お茶目で天然な印象だが、実は悪い人なのだろうか? そう不思議に思ったが、“悪い”と呼ばれる所以はすぐに合点がいった。ライブ中、MCの鈴木氏が終始、「ノーツイートで!」を連発。動画を撮影していたニコプロ担当者が「5分しか使えないですね」と言う始末……。

「真冬に野外会場の神宮球場で興行をやりましたよね? 普通に考えたらやらないですよね」とMC鈴木氏。「寒いからみんな、コートを買うでしょ。1万5000円のコートがバカ売れしたんですよ。狙い通りですよね。※※円で作ったんですけどね。アハハ」……。「本来は開放しちゃいけない外野スタンドにも、お客さん入れちゃいました。※※円(多額)儲かったんですよ。もう時効だからいいですよね。アハハ」……。「時効って勝手に決めていいんですか?」と、鈴木氏はヒヤヒヤだ。

 しかしUWFインターナショナル(以下、Uインター)設立経緯を、熱く語るシーンもあった。高田延彦に惚れ込んだ鈴木さんは、「“高田が選手のトップ、自分がフロントのトップ”という団体を作りたかった」と言う。今回のライブの主役である垣原賢人さんは、Uインターに所属していたUWF戦士。その頃の垣原さんを、「だれよりも温かかった」と話す。「安生洋二がヒクソンに負けたとき、真っ先に飛んできて『大丈夫ですよ! 俺たちがいますから!』と最初に言ったのがカッキーです。カッキーはいつでも熱かった。その熱さと強さで病気も乗り越えてほしい。乗り越えられると信じている」。

UWF生え抜き。メジャー団体を渡り歩いた垣原賢人



 垣原さんは、1989年、第二次UWFに入門した。入門からデビューしたのは田村潔司、冨宅飛駈(当時は祐輔)、垣原賢人、長井満也の4人のみ(長井は首の負傷によりその後、リングスでプロデビュー)。垣原さんは世界で4人しかいないUWF生え抜き選手だ。

 UWF解散後に設立されたUWFインターナショナルでは、田村に次ぐ若手の成長株として活躍。94年には2人のシングルマッチが日本武道館のメインで行われた。95年10月9日、東京ドームでの新日本プロレスとの対抗戦では佐々木健介に勝利。高田延彦が武藤敬司に敗れて消沈する中、「僕がUインターを守ります!」と気を吐いたという。

 その後、全日本プロレスに参戦し、2001年、同期の長井とアジアタッグ王座を奪取。2003年、新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」優勝。メジャー団体を渡り歩き、輝かしい成績を収める。垣原さんの得意技“カッキーカッター”は、新日本時代の同僚だった田中稔(WRESTLE-1)が現在も使用している。今年5月5日に開催されたWRESTLE-1クルーザーディビジョン王座決定トーナメント決勝戦で、田中はカッキーカッターを使って初代王座に就いた。垣原さんが引退しても、その技とマインドは受け継がれている。

「いつか同期3人でタッグマッチをやりたい」



 2人目の出演者は、UWFでの垣原さんの同期である長井満也さん。長井さんは新弟子時代を、「つらいことしかなかった。あんなに酷な団体はない(笑)」と振り返る。「UWFのレスラーと言ったら、前田日明、安生洋二、中野龍雄(現・巽耀)ですよ。今考えたらとんでもないですよ(笑)」と言うと、MC鈴木氏は「とくに中野伝説がすごかったと聞いていますが」と振る。「それはホント駄目です!」と困惑する長井さん。「ノーツイートですから」と促す鈴木氏。「無理です! ノーツイートなんて信じられない!」と拒みつつ、鈴木氏にのせられて、中野伝説をポロリ……。Uファンで埋まった会場は爆笑の渦に包まれた。

長井満也さん

長井満也さん

 思わずチャリティーイベントということを忘れてしまうほど、和気あいあいとした空気。支援活動をしている全員の、「前向きにカッキーを応援していこうぜ!」という気概が伝わってくる。しかし一方で長井さんは、垣原さんが悪性リンパ腫に侵されていると知ったときのことを、こう話した。「プロレスラーを引退して、第二の人生を歩み始めたばかりのことでした。そこでのやりがいを見つけて順調に動き出したばかりの癌告白。ショックでした」。

 垣原さんは現役引退後、クワガタと森を愛するネイチャーボーイ「ミヤマ☆仮面」として、クワガタによる「クワレス」をプロデュース。子供たちに人気を博していた。根っからの、前向きで明るいムードメーカー。第二の人生のやりがいを見つけた矢先のことだった。それも、“ステージ4”……。垣原さんご自身、そして周りの人たちのショックは計り知れない。

 MC鈴木氏に「癌公表から、垣原さんと会ったりは?」と聞かれると、「できないんです。病気になったから会いにいくというのが、どうしても安っぽく感じてしまって……」と言う。鈴木氏も、「分かります。表に発信したことだけが、その人の思いじゃないですからね」と言う。チャリティーの難しいところだ。しかし長井さんは言う。「いつか同期3人でタッグを組んで、6人タッグマッチをやりたい」――。この言葉には、安っぽさの欠片もなかった。

支援活動を通じて感じたプロレスファンの温かさ



 最後に、“プロレス界の帝王”こと、高山善廣さんが登壇した。垣原さんのための募金活動を呼びかけ、行動した一人。Uインター時代、垣原さんが先輩、高山さんが後輩という関係だ。病気のことを知ったとき、「びっくりしました。どうしようと思いました。俺はどうしたらいいのか、俺は何もできない。もどかしかった」と言う。自分にできることは何かと模索して、プロレス界、プロレスファン、メディアに募金を呼びかけた。「募金箱を持っていると、募金してくれた人から『垣原さんに“待ってます”と伝えてください』って言われるんです。お金だけじゃなくてそういう言葉が、垣原さんにとって大きなエールになる」と話す。

高山善廣さん

高山善廣さん

 現在、垣原さんは退院して、自宅から通院という形で治療しているという。「最初の頃は落ち込んでいたんですが、この間会ったとき、表情が明るくなっていました。垣原さんの支援活動をする中で、プロレスファンの温かさを改めて感じています。垣原さんの人徳です」。3人のゲストトーク終了後、チャリティーオークションが行われた。出品されたのは、ニコプロ出演レスラーのサインがぎっしり入ったバックシート。会場に来ていたプロレスラー佐藤光留さんが、「9千円!」「9千……900円!」「1万……60円!」と、“Uの末裔”らしい競り合いを見せた。

 帰り際、財布に入っていた小銭を募金箱にジャラジャラ入れたら、高山さんに「ありがとうございます」と笑顔で頭を下げられた。帝王・高山がわたしの小銭に頭を……? 驚き恐縮すると同時に、募金を募るというのは、そういうことなのだと思った。簡単なことではない。時には“安っぽさ”も出さなければいけない。プロレスラーが嫌うことだろう。しかし大切な人のためなら、苦ではない――。そんなふうに愛されている垣原さんを、いつか取材できたらなと思った。

 イベント終了後、ニコプロが垣原さんへの応援メッセージ映像を撮影。集まったファンが個人個人、垣原さんへエールを送った。この映像は後日、垣原さんご本人に贈る予定だそうだ。このイベントの模様は今夜21時からのニコニコプロレスチャンネルで放送される。垣原さんを知らない、プロレスを知らないという人も、ぜひニコプロや「カッキー応援隊!」のFacebookページをチェックしてみてほしい。垣原さん支援活動を通して、プロレスの不思議な引力のようなものを感じることができると思う。

左・鈴木健さん、中央・高山善廣さん、右・長井満也さん

左・鈴木健さん、中央・高山善廣さん、右・長井満也さん

<取材・文・撮影/尾崎ムギ子>

●ニコニコプロレスチャンネル
5月26日(火)21時~:ロフトプラスワンにて行われたニコニコプロレスチャンネル公開収録Vol.2「垣原賢人さん支援トークライヴ~克とうぜカッキー!~」 の模様を放送。#nicopro ※タイムシフト放送あり http://nico.ms/lv221765416 @nicoprowres

●カッキー応援隊!(Facebook)https://www.facebook.com/ganbarekakky
●垣原賢人さん(Facebook)https://www.facebook.com/masahito.kakihara?fref=ts

●寄付金・振込先
【郵便振込】
口座番号:00280-1-102635
口座名称:カッキー応援隊(カッキーオウエンタイ)
※他行からの振込の場合
店番029 当座0102635

【銀行振込】
スルガ銀行 海老名支店(店番号)370
口座番号:普通預金 3474242
口座名義:カッキー応援隊・代表 山崎一夫
※預金通帳は垣原選手の奥様のもとへ。

■グッズ販売
クレジットで寄付もOK。チャリティ商品の発送は毎週金曜日。
http://ganbarekakky.buyshop.jp/

尾崎ムギ子
体当たり系取材を得意とする赤毛の汗かきライター。東京生まれブルーハーツ育ち。ロックな奴はだいたい友達




あなたにおすすめ