Lifestyle

「幸せとは何か?」と己に問うのはアラサーならでは【アラサー女子の哲学入門】

~アラサー女子は哲学者である 第1回~

 はじめまして、原田まりるです。

 今回より「アラサー女子の哲学入門」を書かせていただきます、みなさんどうぞよろしくお願いいたします。私はしがないアラサーです。元々レースクイーンや、風男塾という男装アイドルユニットで活動していたのですが、アラサーに差し掛かり紆余曲折があり、芸能活動を辞め、現在に至ります。現在は、哲学や、マンガ書評のコラムを専門としながら、人材育成の講師などを務める日々です。

原田まりる

哲学ナビゲーター・原田まりる

 さてアラサーの方にとってはあるあるかもしれませんが、20代前半の頃に見ていた世界と、アラサーになって見る世界ではコントラストが大きく違ってきます。これは20代前半は最高☆で、30歳に近づくとアラサー・イン・ザ・ダーク……というネガティブなことではなく、20代前半の頃に「あたりまえ」であったことが一気に当たり前でなくなってしまうんですね。それを痛感します。

 例えば、20代前半の頃はイケメンが好きだったのが、アラサーになると家庭的な男に惹かれるようになったり、仕事に対してバリバリ野心的で無双モードだったはずが、おだやかになってきて、食の趣味も変わりランチに焼き魚を選ぶようになったり……「あれ!? 今までの自分はどこにいった!?」と自分でもわからなくなるほど自分の中の「あたりまえ」が一変し出すのです。

 もちろん日焼けが治りにくいとか、痩せにくくなるとか老けを感じるネガティブなこともありますが、そこに関しては、はっきり“老い”が原因だとわかっているからいいんです。しかし、そうではない原因がわからない変化が自分の中で起こっていて、自分でも何が起こっているかわからない! むしろ自分が何なのかがわからなくなってしまう時がありませんか? 例えば、次々と結婚していく友達を見ていくなかで「自分にとっての幸せは一体なにか」がわからなくなってしまったり……。facebookで、子供の写真をアップしている友達が羨ましいような、羨ましくないような微妙な気持ちです。これは「まだ結婚していないことに負い目を感じているけれど、結婚したいか?」と聞かれると「ぶっちゃけわからない」という率直な本音であり、自分自身にとってのリアルです。

 いままで思い描いてきた幸せが、自分にとって本当に幸せかどうかがわからなくなっている状態です。「結婚は幸せだと思ってきた」自分と「結婚しても別に幸せじゃないんじゃないかなー?」と疑う自分がいるはずなのです。これは仕事に対しても一緒で、「仕事をバリバリ続けることが幸せだと思ってきた」自分と、「いやー、それだけが幸せじゃないんじゃないかなー?」と疑っている自分がいる。

 つまりアラサーにもなると、20代のうちに積んできた経験によって従来もっていた価値観やあたりまえとされてきた価値観に対して、疑いの目を持ってしまうものです。そしてそれは、恥ずべき行為でも、劣等感を持つ行為でもなく、リアルに自分の人生においての「幸せとはなにか?」を考え出した結果ではないでしょうか。従来の価値観、いままでごくあたりまえとされてきたことに疑いを持ち、自分にとっての幸せを考えるということは、哲学するということです。

 アラサー女子は哲学者なのではないでしょうか。自分にとっての幸せを考えるこの時期……“悩めるアラサー女子が抱えるあるある”と“哲学者の教え”をフュージョンさせたアラサー女子のための哲学入門を次回よりお送りしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

<TEXT/原田まりる>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【プロフィール】
85年生まれ。京都市出身。作家・哲学書ナビゲーター。高校時代より哲学書からさまざまな学びを得てきた。著書は、『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)。元レースクイーン。男装ユニット「風男塾」の元メンバー。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。ホームページ(https://haradamariru.amebaownd.com/

原田まりる
85年生まれ。京都市出身。作家・哲学ナビゲーター。高校時代より哲学書からさまざまな学びを得てきた。著書は、『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)。元レースクイーン。男装ユニット「風男塾」の元メンバー。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。 原田まりる オフィシャルサイト⇒ https://haradamariru.amebaownd.com/
私の体を鞭打つ言葉

突如、現れた哲学アイドル!「原田まりるの哲学カフェ」を主催する著者が放つ、抱腹絶倒の超自伝的「哲学の教え」。




あなたにおすすめ