Lifestyle

うつ病の経験から考案、ことばで癒す「文療」とは

 ライフアップコーチのあべけいこです。

 去る2013年8月4日、日本最大のスピリチュアルイベント“癒しフェア”に行ってまいりました。

「癒しフェア」の会場

スピがてんこ盛り、「癒しフェア」の会場

 “癒しフェア”とは「心とカラダそして地球にやさしい癒し関連の商品・サービスが一度に体感できる総合見本市」のこと。ヒーリングやスピリチュアル、リラクゼーションなどに関するものや人が一堂に集まったお祭りのようなものです。

 東京ビッグサイトの大ホールで、スピリチュアル・リーダーや有名医師による講演があったり、団体や個人がブースを出してサービスを提供していたり、器具を紹介していたり。とにかくスピとセラピーに関することはすべて集まっている!という、スピ女子にはたまらない年に1回のイベントなわけです。今年は3万1000人も来場したとか。

 出展ブースは300近くあり、見渡す限りのスピの山。さて、どうしたもんか……と見まわしていると、ググッとくるブースを発見。

 文療(ぶんりょう)作家のまみやゆうきさん(1983年生まれ)。

まみやゆうきさん

まみやさん。合掌して言葉のインスピレーションを待つ

 まみやさんは「心にできた傷を言葉で癒す」をテーマに、文章で行う治療=文療を行っている方。かつて人間関係のストレスから重度のうつ病を経験し、そのときある「言葉」に出会ったことがきっかけで心を癒されたそう。この体験から「言葉で人を癒す」という活動を始められたそうです。

 絵本作家、路上詩人を経て、現在は、インスピレーションで感じた言葉をしたためる「書き下ろし」をメインに活動されています。新潟県在住ですが、全国各地をイベントで飛び回っているそう。個展も行っています。

 さて、私にいただける“言葉”は?

「書き下ろし」を依頼すると、まみやさんは色紙を前に目をつぶりしばし合掌。数秒後、おもむろに筆を取り、サラサラと言葉を書いていきます。

 そして、お言葉は……。

まみやゆうきさん

書き下ろしてくれた言葉

あなたのことを幸せにするのは
 あなたの心だけ
 笑っていい 楽しんでいい
 愛していって そのままの自分を


 感動(ジーン)。とっても心に染みました。そして、私にぴったり……。

 ありがとうございました!

 まみやさんは「いい言葉を書こう」と気負うことなく、ただ、その人から感じた言葉を無心で書いていくそうです。「言葉に救われたから、自分も言葉を届けたい」という、純粋で真っすぐな心を感じました(書き下ろしは郵送することもできるとか)。

⇒【画像】まみやさん「書き下ろしの言葉」
http://joshi-spa.jp/?attachment_id=27728


書き下ろしてくれた言葉 次回は、この「癒しフェア」で心惹かれた「マンダラオラクルカードリーディング」についてリポートします。 <TEXT/あべけいこ>

●まみやさんのブログはコチラ⇒http://ameblo.jp/mamiya-yuki/




あなたにおすすめ