Lifestyle

アラサーを悩ませる“自由の刑”とは?【アラサー女子の哲学入門】

~アラサー女子は哲学者である 第2回~

「人間は自由の刑に処されている ‐ジャン=ポール・サルトル‐」

 峰なゆかさんの『アラサーちゃん』や、東村アキコさんの『東京タラレバ娘』などアラサー女子のリアルな悩みを描いたマンガ作品が人気を博す昨今。アラサー女子の切羽詰まった日常を描いたストーリーにひとしきり笑ったあとに、どうしてかお酒に溺れたくなる……などハードボイルドな気持ちが湧いてくるのは読者あるあるでしょう。

 この二作品、ストーリーの主軸として描かれているのは、20代前半には無かった、もしくは他人事であったアラサーならではの葛藤です。

原田まりる

哲学ナビゲーター・原田まりる

 20代前半の頃は、嫌なことがあったときに「ねえ聞いてー!」と傍若無人に、愚痴を吐き出しまくっても、誰かがそばで「うん、うん。そうだね。大変だったよね」と頷いてくれていたものです。

 しかし、アラサーに差し掛かると、暗い発言をすると「周囲に見放されてしまうのではないか?」と疑心暗鬼モードが覚醒し、嫌なことがあっても愚痴などこぼさず、微笑みながら逆にムードメーカーに徹し、周囲を盛り上げ、見捨てられないようにピエロぶることが多くなってきました。自分が変わったということは自分が一番感じているのです。

体が縮まないようビクついているマリオ



 20代前半の頃は、スーパーマリオでいうところの“スター状態”のようなもので、無敵で光り輝いていました。しかし、アラサーに差し掛かるとはスター状態が終わり、体が縮まないようにビクついてるマリオ状態に突入してしまうのです。

 それこそ20代前半は、「理想的な彼にいつか出会える」「そのうち仕事が上手くいくだろう」といった可能性に囲まれていて、何かを選択する際にもプレッシャーは少ないもの。失敗してもまた次にいけばいいし、時間が無限にあるような気持ちでいっぱいだったのです。

 ところが、アラサーに突入して、同級生がfacebookなどで華々しい生活をアップしていると「ああ、あの時結婚していれば……」と過去の“たられば”に逃げ込むことで自分を慰める癖がついてしまいます。未来の可能性に逃げるのではなく、過去の“たられば”に逃げてしまう……「なんて非生産的な行為なんだろう!」とわかっていても繰り返してしまいます。ポジティブな希望的観測を持つことが急に怖くなってくるのです。

哲学入門「ポジティブな希望的観測を持つことは、現実逃避にすぎないんじゃないかな?」という疑いが頭の中を駆けめぐっていくうちに「人生とは、現実とは、男女とは、私とは……一体何!?」と、抽象的な悩みが増えてくるのがアラサーです。

自由は楽しいだけのものではない



 このアラサーになっていきなり発動する心の闇は、フランスの哲学者サルトルのいう「自由の刑」と似ているのではないかと思います。サルトルは事実上の妻を持ち共に社会運動に励みながらも、事実上の妻の了解を得て、さまざまな女性と関係をもった、自由な性格の持ち主。……どれほど寂しくても彼氏にしたくないタイプの典型ですね。

 そんなサルトルが唱えた「自由の刑」というのは「人間は、自由に選択できる、その分、自由には責任や不安が伴うので、自由は楽しいだけのものではない」ということです。

「自由」という言葉はポジティブな印象を受けるますが、良いことばかりではありません。自由だからこそ、先行きが不安であったり、責任を自分でとらなければならないという苦痛が発生する!という意味にもなります。自由だけど、不安定な生活を余儀なくされるフリーランスみたいなものですかね。

 アラサーに差し掛かってからの苦しさはこの「自由の刑」が大きく関係しているのでしょう。20代前半の時は「自由の刑」の「自由」にしか目がいっていなかったはず。しかしアラサーになると「刑」の部分に意識が行くようになってしまう。つまり責任感を持つ大人へと成長した結果ではないかな、と思います。

 そして将来への不安や苦しさは自由である証とも取れると思います。自由でいるということは、時に苦痛を伴うもの。しかし、自由だからこそ、どんな風にも生きられるし、チャンスが枯渇することもありません。アラサー女子は、「刑」に囚われすぎず「自由」に目をやり、フル活用してもいいんだ、と自分に言い聞かせることで、この先開けていく可能性もあるのではないでしょうか。

<TEXT/原田まりる>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【プロフィール】
85年生まれ。京都市出身。作家・哲学書ナビゲーター。高校時代より哲学書からさまざまな学びを得てきた。著書は、『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)。元レースクイーン。男装ユニット「風男塾」の元メンバー。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。ホームページ(https://haradamariru.amebaownd.com/

原田まりる
85年生まれ。京都市出身。作家・哲学ナビゲーター。高校時代より哲学書からさまざまな学びを得てきた。著書は、『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)。元レースクイーン。男装ユニット「風男塾」の元メンバー。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。 原田まりる オフィシャルサイト⇒ https://haradamariru.amebaownd.com/
私の体を鞭打つ言葉

突如、現れた哲学アイドル!「原田まりるの哲学カフェ」を主催する著者が放つ、抱腹絶倒の超自伝的「哲学の教え」。




あなたにおすすめ