Lifestyle

財布からコンドーム…20代OLが選ぶ「男性のバカ言動7」

 女性の前だけは饒舌になる男性がいる。このタイプは、女性の「愛想笑い」を「マジ笑い」と勘違いし、ますます調子に乗るからタチが悪い。そこで20代OL100人に、理解しがたい男性のバカ言動を聞いてみた。

キング・オブ・バカは「武勇伝語り」



「キング・オブ・バカ」として圧倒的支持を得たのは「昔、遊んでたアピール」(74pt)。不良自慢や千人斬りなど、とにかく過去の武勇伝を語りたがる男性に対する女性の眼差しは、限りなく冷たい。

「てか、いまの自分で自慢できることはなにもないの?」(29歳・販売)、「それ、20年近く前の話では……」(24歳・製造)。過去の威光を喜々として語るその情けない姿がバカ認定対象に。

キング・オブ・バカ 2位には「海外旅行の思い出話が風俗エピソード」(60pt)がランクイン。

「風俗に行ってきた性豪なオレを気取っているのが痛いし、キモい! しかも、それをわざわざ他人に言うのがもっと痛い」(23歳・保険)。

「スピード狂なのにクルマのバックが下手」(58pt)なども、運転テクニックのうまい下手以前に「そもそも車でモテるなんてありえない。いつのバブルだよ!」(23歳・広告)という、もっともな意見もあった。

「財布からコンドーム」は古い



 下ネタ系で特に不評だったのが「財布からコンドーム」(57pt)だ。

「いまどき財布にコンドーム入れる男はいないだろー、と思ってたら、いた」(23歳・運輸)、「どんだけ臨戦態勢(笑)」(23歳・小売)。

「初対面で馴れ馴れしく下の名前で呼んだり、あだ名をつけたりするヤツ、バカを通り越して気持ち悪いんですけど?」(27歳・サービス)、「飲食店でフランクなタメ語をかましたら、店員さんにキョトンとされていた。そりゃ、あんた年に1回ぐらいしかこの店に来てないでしょ」(28歳・証券)など、「馴れ馴れしさ=親しみ」と勘違している男性も不評だ。

 男性はロマンチックな生き物とはいえ、「スナックの女に本気で入れ込む」(55pt)は、「キャバクラならまだしもスナックというところがいかにも戦力外っぽい」(27歳・広告)とドライな意見も。

====
「バカに見える男性の言動 part1」

・昔遊んでたアピール 74pt

・海外旅行の思い出話が風俗エピソード 60pt

・スピード狂なのにクルマのバックが下手 58pt

・財布からコンドーム 57pt

・飲食店では常連ヅラする 55pt

・「〇〇たん」「〇〇っち」などのニックネームでいきなり呼び始める 55pt

・スナックの女に本気で入れ込む 55pt

―あなたをバカに見せる言動【8】―




あなたにおすすめ