Lifestyle

異常気象、心の進化…そして満月のメッセージ

 こんにちは。占術家のエル・アシュールです。暑い毎日が続いていますね。この記録的な猛暑や豪雨は今、地球上に起きている変化とも関係しています。今回はその変化と2013年8月21日の満月メッセージをお伝えします。

スピリチュアル, 占い 1999年、ミレニアムを終えてからのニューエイジ界におけるトピックは「2012年」「アセンション」でした。これらは、地球が5次元(第4密度)へと次元上昇し、新たな時代がやってくることを意味していますが、マヤ暦の一つの周期が終わるとされていた2012年12月21日近辺に、みんながはっきりとそれだとわかる特別な出来事(天変地異など)が起こったわけではありませんでした。

 なぜなら、この次元上昇による変化は主に人間の内的な変化、つまり精神面や意識改革、魂の進化を促すものだからです。

 地球が次元上昇するとどのようなことが起こるかについては、諸説ありますが、共通している見解としては、人間の内的進化(魂の進化)に伴う物質中心社会からの脱却と「不安や怖れを背景とした奪い合い」から、「豊かさを根底とした愛と分かち合い」の世界への転換です。

 そして、5次元では、自分自身の内側にある思いや意識が非常に早いスピードで外側の世界へと反映され、現実を作り出すことも特徴です。

2015年3月まで混乱や異常気象が続く



 これは、占星術の長期的な周期が魚座から水瓶座の時代へと移行し、それによって、もたらされる変化とも一致しています。魚座の時代は、不安や怖れがベースにあり、それを救済するための宗教や祈り、「強者と弱者」、「持つものと持たざるもの」といった二元化の社会でしたが、水瓶座の時代は、一人一人が個性を発揮し、自らの意図によって人生を創造する多様的で自由な世界です。

 今後、約2000年にわたり、水瓶座時代が続きますので、魚座時代に作られた社会通念や仕組み、人々の意識は、新たな時代にあったものへと変えなくてはいけません。

 そのために、地球上のあらゆる事柄が変化しはじめました。その周期の切り替わりと時を同じく、2008年に死と再生の星・冥王星が政治や組織を司る山羊座に入り、2024年までここに滞在します。この間、大きく世の中の仕組みが変わります。

 とくに2012年6月から2015年3月までは、政治、経済、社会においてさまざまな混乱や不安が生じます。それは地震や、火山活動、異常気象などの自然現象も関わり、それによって、生態系が変化したり、人々の気づきがさらに促されます。

「理想の生き方」をイメージしてみよう



 2015年春以降は、世の中が新たな時代のエネルギーになじんでくるため、このような混乱や、「かつてない」とか「今までの常識では考えられない」といわれるようなことが少なくなるでしょう。そして、その頃には、今までの常識や価値観が次々と塗り替えられ、多様的な生き方や個性を人や社会が今よりずっと受け入れられる環境や仕組みが整ってくるでしょう。

 そして、この新時代のカギとなるのが、自分自身の内側(思い)が運命を創り手であるという意識と高い霊性です。高い霊性というのは宇宙や源とつながっているという感覚です。

 火星が獅子座を運行する8月28日から10月15日までの期間は、それを実践し、その影響力を感じるのに絶好の機会です。獅子座は創造と自己表現を司る星座です。ここをエネルギーの星・火星が通過するとき、人は自分らしさをアピールしたくなります。みんなと一緒、個性がないことにうんざりして、オリジナリティを発揮したくなります。

⇒【2013年8月21日の満月図】http://joshi-spa.jp/?attachment_id=28375

2013年8月21日の満月図

2013年8月21日の満月図

 そして、火星が獅子座に入る直前の8月21日の満月図の太陽と月のシンボルは、

「さなぎが蝶へと脱皮する」(月)

「人魚が自分を不死にしてくれる王子を待つ」(太陽)  です。

「蝶」は変容を意味する代表的なシンボルで、さなぎから蝶へと脱皮するのは、環境や社会から脱皮すること、すなわち、これまでの枠から脱して、自らを創造することを表しています。

「人魚」は、今まで人魚として海で暮らしてきた生き方を捨て、人間とし新たな環境で生きる決意を意味しています。

 つまり、この満月は、「人や社会から与えられた自分、押し付けられたパーソナリティではなく、自ら選択した個性や生き方をすること。そして、そのチャンスが来ている」ことを告げています。

 もし、心に描くあなた自身が、そのまま現実の社会のあなたであるとしたら、あなたは、どんな存在で、どんな生き方をイメージしますか?

 8月後半はぜひ、そんなイメージを巡らせてみてください。そして、火星が獅子座に入る月末にはそれに基づいて行動してみましょう。 <TEXT/エル・アシュール PHOTO/Snizhanna>

エル・アシュール
占術研究家、神秘学研究家。日本占星学会主任講師。ACC認定エンジェリックチャネラー(R)。1998年より占術家としての活動を開始。雑誌やWeb等各種メディアで占い記事の執筆、ケータイ3キャリア公式占いサイト『宿縁の絆』『天使の預言』の監修を行う一方、 占星術やエンジェルオラクルカードの講座、ライフパーパスリーディング、エンジェル・リーディングなどの個人鑑定も行う。著書に『エンジェルカード・レッスン』(鉄人社)『ギリシア神話守護神占い』(青春出版社)、監修本に『奥様は魔女超シアワセ恋愛魔法BOOK』『スターウォーズ24キャラ占い』(講談社)がある。公式HP Angelic Guidance~天使の導き~ http://synastryhouse.com




あなたにおすすめ