「頭ぽんぽん」は男からの“上から目線”ありき

⇒【前編】はコチラ http://joshi-spa.jp/284777  意中の男性から「頭ぽんぽん」され、キュンとした経験のある方もいるんじゃないでしょうか? 「頭ぽんぽん」された経験がなくても、そんなシチュエーションに憧れた方も少なくないんじゃないでしょうか?  だがしかし! この行為を『恋愛カースト論』に当てはめると、次のような事実が浮かび上がってくるんです。 “「頭ぽんぽん」された時点でその恋は終わっている”  そうです、これです! 好きな彼から「頭ぽんぽん」されてドキドキしただぁ!? ますます好きになっただぁ!? それ、浮かれてる場合じゃないからな!! めっちゃ危機感抱くとこだからな!!  ……それでは、なぜ“「頭ぽんぽん」された時点でその恋は終わっている”のか、ご説明しましょう。

好きな女性に「頭ぽんぽん」する勇気はない

 まずは「頭ぽんぽん」をする男の立場になって、彼の心理状況を考察してみる必要があります。実際にみなさんも、男性の気持ちになってみてください。  さて、男の立場になって考えてみると、こんな男心がわかってきませんか? 【好きな女のコに「頭ぽんぽん」なんてできないよ! だって、いきなり髪に触ったらキモがられるかもしれないじゃん!?「あんた何様!?」ってキレられるかドン引きされたらどうすんだよ!? てゆーか、好きなコじゃなくても、ちょっといいなって思ってるコにだってできねぇし! そんな勇気ねぇし!!】  ……というのがリアルな男性心理。  では次に逆の視点から、どういう相手になら男性は「頭ぽんぽん」できてしまうのかを考えてみてください。 【俺に「頭ぽんぽん」されたらこのコ喜んじゃうんじゃない?(笑)てゆーか別に、このコにキモがられてもウザがられても関係ねぇし(笑)】  これが男の心理の真理。そうです、THE上から目線。 上から目線

「セフレならOK」程度の好意?

 自分が相手の女のコよりも恋愛カーストの上位にいると自覚していないとできない行為なんです、「頭ぽんぽん」は。つまり「頭ぽんぽん」をされた時点で、その男性はあなたのことを「そもそも恋愛対象として見ていない」「でも一発ヤルぐらいならいいかも」「セフレにならしてやってもいい」程度にしか思っていないという事実!!  もちろん、男性が女性の一途な気持ちにほだされて恋愛カーストの身分違いの恋が成就することもあるでしょう。また、女性の努力で、恋愛カーストにおけるランクが男性と同じ階級まで上がり、対等な恋愛関係に発展することもあるでしょう。  確かにそのような可能性はゼロではないですし、恋愛ドラマや少女漫画ではそのようなことがよく起こります。  ですが!! それは言うなれば恋愛ドラマや少女漫画の題材にできるほどドラマチックな奇跡的展開……。一般女性がその奇跡を信じてその恋愛に猛進してしまうことを、僕は到底おすすめできません。  ですから僕は、声を大にして、こう唱えるんです。“「頭ぽんぽん」された時点でその恋は終わっている”と。 <TEXT/堺屋大地> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
堺屋大地
恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析。他、『INLIFE』『Business Journal』『AOL News.』などで活躍。Twitter(@SakaiyaDaichi)。
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ