「二代目のお坊ちゃま」を落として玉の輿に乗るテクニック【後編】

 恋愛心理カウンセラー、タレントの夏波夕日です。

 今回から、シリーズで「玉の輿に乗る」ための具体的なテクニックを紹介していきたいと思います。

モテ, 婚活, 恋愛, 玉の輿 いまだに女性達の憧れ、“玉の輿”。私が足を踏み入れた芸能界には、実際に玉の輿に乗った女性が数多くいました。

 また、世界のマネーが集まる都市“New York”で起業した私は、ビジネス界でのし上がって行く過程で、多くの富豪と呼ばれる男性に接触してきました。

 そんな実体験によるリアルな玉の輿ストーリーを、心理カウンセラーの観点から分析。

 ギリギリ公開できる範囲で読者の皆様に“玉の輿術”をお伝えしましょう。

― 第1回「草食系お坊っちゃま」を見つけて玉の輿に乗る方法 ―

⇒【前編】「二代目お坊っちゃまの見つけ方」はコチラ
http://joshi-spa.jp/28618


STEP3)最大の難関「彼のパパ・ママ」攻略法



 そして重要な事を忘れてはいけません。それは、

『気に入られるべきは、彼の両親』。

モテ, 婚活, 恋愛, 玉の輿 親がいてこそ今がある彼。典型的なデキの悪い二代目なら結婚相手は親が気に入った女性になる。

 もし彼に好きな女性がいても、親が認めない場合はあっさり結婚対象から外れ、恋人どまりになるのです。

 反対に、さほど好きでない女性でも、親に非常に気に入られていると何だか彼女を好きになってしまうから不思議ですね。

 実に主体性がない彼。本当に情けない程、親の意見を聞くお坊っちゃまが多い。
(特例として、全く親の言う通りにしない、反抗期のようなお坊っちゃまもいますが。)

 しかし富豪の家庭なら、あなたに教養を求めるでしょう。

 いつもニュースを聞き、理解し、自分なりの意見を持っているか?

 ルックスは、飛び抜けて美人ではなくとも、上品で清潔な綺麗さは必須でしょう。

 トコトン大和撫子の花嫁が求められていると、肝に命じたほうがいいです。

 お坊っちゃまの場合、親の発言権が、父親にあるか母親にあるかによって、また違います。

 父親に権力があるならまだやりやすいが、母親に権力がある場合、良家にふさわしい花嫁としての要求レベルが高くなる。

(実例その3)
 ママが料理研究家で有名な家庭の息子の場合。

 当然、花嫁の料理の腕は一流でないとマズイかと思いきや、意外と平均値よりちょっと上な腕前でも合格だったりします。

 むしろ、彼ママより料理上手のような見せ方は逆効果。彼ママから花嫁への敵対心を助長させてしまいます。

 その代わりというべきか、彼女(花嫁)は『管理栄養士』の免許を持っていた事により、花嫁として迎え入れることを彼ママから許可されました。

 彼ママの攻略方法は『彼ママに勝たない事』。もちろん『よき妻になる修行』も嫌がらず受け入れる事。

 玉の輿のためなら、そのくらいは我慢が必要でしょう。


(実例その4)
 パパは飲食チェーンのオーナーという息子の場合。

 これは比較的ハードルが低いが、違う苦労が待っています。

 富豪ともなると、彼パパにはたくさんの女性の影がチラつきますね。

 かなり高い確率で、我が息子(彼氏)の彼女(あなた)にも、手を出そうとする。

 彼パパに気に入られている事は有難いけれど、彼からの愛より、彼パパからの愛が強い状況に戸惑う事もあるでしょう。

 彼パパが飲食チェーンのオーナーで、息子の彼女というだけで、彼パパが全国に飛びまわる度に、彼女は秘書のように連れ回されたケースがありました。

 最初は我が娘のように可愛がってくれるのかと思いきや、どうも様子が違う。

 経営下にある飲食店の個室でパパと二人きりで会話する事が多く、彼のパパだからと我慢していたが、次第にカラオケなどしながら密着されることもあり、ヒドイ場合はそのままホテルに連れ込もうとする。

 この時、彼(息子)が彼女を守るならまだしも、パパに逆らえない現象が起きます。

 もはや彼は、あなたの彼でも旦那でも何でもない程、情けなく頼りない。

 それでも富豪の妻の座が欲しいなら、我慢するしかない。

 結局この彼女は、彼も、彼パパも捨てました。

STEP4)最終決断



 あなたは彼が好きなのか、お金が好きなのが、自分の心に素直に従うと良いでしょう。

 もし彼が好きな場合…ナゼ彼のことを好きなのか?しっかり分析してください。

 親に守られ闘争本能が弱い彼は、とても優しい。

 けれどその優しさが、あなたのための優しさか、彼自身を守るための優しさか、冷静に見極める必要があります。

 世の中には、仕事もデキて愛情も独占できる立派な富豪の彼がいるかもしれません。

 そんなわずかな可能性にかけて、もっと理想的なお坊っちゃまを探しても良いでしょう。

 しかし、富豪の妻の座への道は、イバラの道である事に間違いありません。

<TEXT/夏波夕日 PHOTO/ Lenanet>

夏波夕日【プロフィール】夏波夕日(なつみゆか)
恋愛心理カウンセラー/タレント。
学生時代、NewYorkで起業。ITビジネスなどを立ち上げる。「恋のから騒ぎ」、「芸恋リアル」など、恋愛トーク番組にも出演。
自身の恋愛体験がTVドラマとなり、全国放映されたことも。ニュースキャスターやブランディングプロデューサーとしても活動中。

★オフィシャルwebサイト http://www.sun-set.jp/
★Blog http://ameblo.jp/yukanatsumi




あなたにおすすめ