♂&♀

初エッチで本気を出すのはNG!真剣勝負は●回目から


 彼と初めてのエッチ。ドキドキの向こう側にある喜びは、女性だけでなく男性も同じです。だからこそ、男性は女性にさまざまな期待を抱き、そしてカッコつけたいと思っています。愛した女性を腕に抱きすくめる。それは自分が男であることを再確認できる時間でもあるわけです。

初エッチで本気を出すのはNG! そんな初エッチでの頑張りすぎは、実は後々の失敗につながることが多いのも事実です。自分のエッチスタイルじゃないことをしてしまったり、気に入られたくてサービスし過ぎてしまったりで、「こんなはずじゃなかったのになぁ」ということが多々あります。

 ですので、初エッチはお互いの出方を見るエッチだと考えましょう。お相撲で言えば「やるぞ! 勝つぞ!」と気持ちを高め、闘争心を奮い立たせ、取り組み相手を向かい合って「見合って見合って…はっけよい!」と行司に言われたタイミングなのです。

 そこで今回は、初エッチでしないように注意していることを考えてみましょう。

 LCラブコスメが運営する「ラブリサーチ」が125名の女性を対象に、「彼との初エッチで『やらないように』気をつけていることはありますか?」とアンケート調査したところ、約63%の女性が「はい」と答えました。みなさんどんなことに注意しているのでしょうか。

===============
Q. 彼との初エッチで「やらないように」気をつけていることはありますか?

・はい(79名)
・いいえ(46名)

回答時期:2015-05-14~2015-05-23
総回答数:125名
===============

大きな声で喘がない



・「大きな声で喘がない。できるだけ音量を絞って、恥じらいをみせる」
・「エッチなセリフを連呼したり、叫んだりしないようにしている」
・「『壊れる』とか『もっと』とか言わないようにしている。あくまでも初回は恥じらいとかわいらしさを重視」

「小さな喘ぎ声」=「女性の恥じらい」を意識している人が多いですね。「ソコ」など、自ら男性をリードするようなセリフにも、注意を払っているようです。

 男性もリードすることで頭がいっぱいになっていることが多いものです。気の利いたエッチなセリフを吐いたとしても、彼の耳には届かないかもしれません。小さな喘ぎ声の中に、時折大きな声も混ぜると、「感じてくれてるんだ、わーい!」と彼のボルテージも上がります

本気のフェラはしない



・「テクニックを総結集させたフェラチオはしない」
・「首から足の指先まで全身にキスをすること。慣れてると思われそうなので…」
・「騎乗位はしないようにしています。経験豊富とか思われても嫌なので」

 さまざまなテクニックは、これまでの経験の証。隠したい気持ちもわかりますが、隠しすぎると「こんなもんか」と思われてしまうかも。ある程度の年齢なら、それなりの経験値があって当然ですし、男性もそれなりのテクニックを持っていて欲しいと思っています。

 全身リップや騎乗位は置いておいたとしても、フェラチオは75%くらいのパワーでいいでしょう。フェラチオの上手い女性だとわかれば、彼も次のエッチが楽しみになるものです。

⇒【後編】「男性は3回目までが“捨てエッチ”!?」に続く http://joshi-spa.jp/306135

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】


【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ