Beauty
Lifestyle

「オロナインでふたえと涙袋ができる」ネットで話題のウワサは本当?

【ネットのウワサ調べ隊・美容整形編(2)】

 ネットに溢れている美容整形に関するウワサについて、「品川美容外科 池袋院」の弓削田浩主院長にお聞きしました。

 今回は美容整形に関する“都市伝説”とでもいうようなお話を。

都市伝説1



弓削田院長

弓削田院長

●「オロナイン」を塗るとふたえと涙袋ができる
 答え「×」


 ふたえの場合はふたえラインにそってオロナインを塗る、涙袋の場合は涙袋がほしい部分より下にオロナインを塗るだけ。なんでも、オロナインには脂肪燃焼作用のある成分が含まれているといわれていますが……。

「通常は考えにくいです。皮膚は基本的に、自分の体にないものの侵入を防ぐバリア機能をはたしています。皮膚は何層にもわかれているのですが、たとえ表面には浸透したとしても、脂肪層はかなり深いところにあるのでオロナインは浸透しないでしょう。

 皮膚の奥の方に浸透する有名な薬に『ステロイド』がありますが、それでも脂肪層までいくのはなかなか難しいと思います。(涙袋に関しては)塗ることでマッサージされると思うので、むくみがある人はそれがとれてっていうのはあるかもしれないですね」

都市伝説

画像はイメージです

都市伝説2



●鼻の下からブラックライトを当てると光る
 答え「現在は×」


「以前まではあったと思います。とくに皮膚が薄い人の場合は。昔は白いプロテーゼを入れていたんですが、今はほぼ半透明でわかりにくくなっているので、ライトを当ててもまずわからないですね」

●豊胸している人の胸に懐中電灯を当てるとボウっと光る
 答え「〇」


「それはあると思います。ただし脂肪が厚い方はわからないですね。もともと痩せている方なら、それである程度わかるでしょう。ただ、光るといってもうっすらという感じなので、普通の人ではわからないと思いますよ」

都市伝説3



●埋没法(まぶたの裏を糸で数カ所とめる方法)でふたえにするとドライアイになる
 答え「基本的に×」


「基本的にないです(笑)。すごくマレにですが、幅を1ミリ2ミリにしたようなものすごい細いふたえにしたいという人がいます。そういう人は初めだけドライアイになることがあります。おそらくそれでウワサになるのかな(苦笑)」

 というわけで、オロナインで涙袋とふたえができる可能性は0! 変な期待は持たず正しい使用法を守りましょう。

【弓削田浩主氏】
品川美容外科池袋院院長。2006年、品川美容外科入職。豊胸などの本格的な施術から、スキンケアやプチ整形、若返りなどさまざまな治療を担当している。http://www.shinagawa.com/

<TEXT/女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ