Lifestyle

整形は人種まで変えられる!?ブラジル人が韓国人に!

【ネットのウワサ調べ隊・美容整形編(3)後編】

⇒【前編】「昔はあゆ…整形してなりたい顔TOP3」

「整形」といえば芸能界のタブー。しかしなかには「私、やってます!」と堂々カミングアウトしているタレントもいます。そこで、そんなタレントたちの写真を弓削田院長に見てもらうことに。

グラドル森下悠里



森下悠里オフィシャルブログ

画像は「森下悠里オフィシャルブログ『本日の森下悠里』」(2013年7月8日投稿)より

 2013年7月7日OAの『有吉反省会』(日テレ)で、目の下(くま)と鼻のヒアルロン酸注入を告白しています。

「そうですね。なんとなく目頭も切ってるかもしれないですね、もちろん真実はわかりませんが。あとふたえの幅とかも……。なんともいえないですが……。でも、きれいですよね仕上がりとしては。あ、仕上がりって(笑)」

フラップガールズ佐藤優香



 2014年11月24日付けのオフィシャルブログで、“まぶたのお裁縫”が完了したことを報告しました(http://ameblo.jp/rdaudition/entry-11956552321.html)。

「そうですね、してます(断言)。まずふたえがくっきりしすぎてるのと、まぶたがけっこう厚いんですよね。だからふたえの線が目じり側まで届かず、途中で止まっています」

 先生だったらどのような施術をするのでしょうか。

「ははは。僕だったら……、もともとの厚みってあまり変えられないんですけど、なるべく脂肪を取ってできる限り狭いふたえを作ります。彼女が嫌がらなければ、ちょっと目頭も切開しますね」

(画像はともに公式ブログ「全レッスン公開型アイドルユニット『フラップガールズスクール』」より)

ブラジル人男性



 最後に見てもらったのはとあるブラジル人男性。彼は韓国人になるために、10カ所以上3000ドル以上をかけ整形しました。

ブラジル人

画像は『Daily Mail Online』より

「あー、変えてるのはまぶたの状態ですね。ここ(ふたえライン)に注射してひとえにしていると思います。ビフォー写真を見るとまぶたの部分がくぼんでいるので、全体的に注射して、腫れ上がった状態にしてまぶたを押し下げるというか。

 鼻もしてますよね。ヒアルロン酸を適量打てば細く見えます。この方は鼻先も手術して小さく見せてると思いますが」

医師のアドバイスに従う



 驚くほどお手軽かつ安価にコンプレックスを解消できる整形。依存という“負のスパイラル”に陥らないためには、医師のアドバイスに従うことが大切です。

「人によってですが、たまに医師の方からストップをかけるときもあります。『全然バレてもいい』という人もいますが、『自然な範囲にしておく』という選択肢もあっていいのではないでしょうか」

【弓削田浩主氏】
品川美容外科池袋院院長。2006年、品川美容外科入職。豊胸などの本格的な施術から、スキンケアやプチ整形、若返りなどさまざまな治療を担当している。http://www.shinagawa.com/

<TEXT/女子SPA! 編集部>




あなたにおすすめ