Love

絶対に結婚まで至らない男の見極め方

 結婚に対して、曖昧な態度を取り続ける彼。このまま付き合ってても、ゴールインできる見込みはあるの!?と悩んでいる女子は多いものですが、彼の言葉の真意を知れば、時間を無駄にせずに済みます。

恋愛, 男の生態, 結婚

結婚回避のためなら何でも言うのが男!?

※男女の恋愛の機微に詳しい日本女性言語学会の江沢洋さんが解説します。

 まず、あなたの「結婚したい」という意思表示に対して、以下のようなセリフが出てきたら要注意。

(1)建前「結婚ってそんなに重要なことなのかなあ」

その本音は⇒「気乗りしないなあ……」

「結婚という“制度”に疑問を呈しているように見せかけていますが、要は結婚したくないという意思表示です。むしろ、結婚を重要なことだと理解しているからこそ、その女性との結婚を避けようとしていると解釈するのが妥当ですね」

 き、きびしいですね……。

「リベラルさを隠れ蓑に入籍を拒むような男には気をつけてください。貴女が何を言っても、屁理屈で『結婚しない理由』を述べ立てて、責任を取る必要のない、定期的にセックスできる存在としてつなぎとめようとしてくるでしょう」

 彼の屁理屈に押し切られて、都合のいい女にならないように気をつけて!

(2)建前「仕事が落ち着いたらね」

その本音は⇒「時間の経過で諦めてくれたらいいな」

 単なる時間稼ぎ。実際に忙しいかどうかは関係ないので、仕事が落ち着く日は永遠に来ない、と江沢氏。

「その気もないのに時間稼ぎする自己中男の可能性があります。もし、『このコを逃したくない』と思えば、仕事が忙しくても、『忙しいけど、少しずつ準備を進めよう』などと前向きな姿勢を見せるはずです」

 ただし、本当に寝る間もないほど忙しい場合は、大きな決断を回避しようとすることもあるので、どの程度忙しいのかを見極めるのが大事です。また、“いつになったら落ち着くのか”を明示するかどうかで誠意のほどが測れるのだとか。

(3)建前「これ以上、お前を待たせるわけにはいかない」

その本音は⇒「いよいよ地雷化しそうだしね」

 結婚話をかわし切れなくなってきた男のありがちフレーズ。

女性が何を言おうとも、泣き叫ぼうとも“俺が悪いんだ”の一点張りで逃げ切る算段でしょう。下手に『結婚なんてしなくてもいいから一緒にいたい』などと言えば、結婚どころかセフレ扱いされる憂き目に遭う危険すらあります」

 ここまで言われてしまったら、彼はかなり引き気味だと思っていいでしょう。追いかけるのは逆効果。貴女を本当に必要としない男にはサヨナラを告げ、次の恋に一歩踏み出すことをおすすめします。

●江沢 洋(えざわ ひろし)
日本女性言語学会広報部長。男女の機微に詳しいライターとして、各雑誌で活躍中。ペンネームで怪しげな記事も執筆している様子。著書に『オンナの【建前⇔本音】翻訳辞典など』。今回紹介した「男の建前と本音」も多数解説されています。

<TEXT/ともりん PHOTO/Pakmor>

決定版 オンナの【建前⇔本音】翻訳大辞典

男女1600人の調査をもとに駆け引きフレーズ552例を徹底解説




あなたにおすすめ