Lifestyle

今どきスマホからガラケーに戻しちゃった人の言い分

 NTTドコモがiPhoneの取り扱いを始めるという予測が報道されるなど、ますます活気づくスマートフォン市場。普及率は年々上がっていますが、未だフィーチャーフォン(以下、ガラケー)派もいるのが現状です。MMD研究所が行った調査によると、ガラケー利用者の約6割以上が「スマホは不要」と回答しています。理由は、彼らが主に利用する機能として「通話」「メール」が9割を越えるのに対して、「インターネット」が22.4%と低いことでしょう(調査は2013年7月、回答者は15~69歳の男女992人)。

 何年も同じガラケーを使い続け、今後も「スマホに変えるつもりがない」と強固な意志を持つ人がいる一方、「なんとなくスマホにしたけどガラケーに戻そうかな」という方も多いのではないでしょうか?

 そこで、実際にスマホからガラケーに戻した人たちに、理由を聞いてみました。

「iPad mini+ガラケーが一番賢い」派



 最近増えているのが、スマホをやめて「iPad mini+ガラケー」にした、という一派。

「iPhone5を買って2週間で酔っ払ってなくしちゃったんです。悔しいから、ガラケーに戻してiPad mini を買ってみました。2週間スマホを使ってみて、意外と不便だな、と思ったんですね。メールは打ちにくくてイライラするし、PCサイトを見るには画面が小さい。あと、ガラケーはポケットに入るけどスマホは入らず、電話に出損ねることも多かった。
 iPad miniは女には重いかと思ったけど意外と軽いし、iPhoneアプリも使えるし、大満足です」(30代、女性)

「iPad miniを買ってから、スマホとの併用の必要性を感じずガラケーに戻しました。電話やメールはガラケーで十分ですし、写真を見たりPCサイトをじっくり見るのにはやっぱタブレットがいいです」(20代、男性)

 あえて不便な点を挙げるなら、「スマホのほうが写真を撮りやすい」「ひっきりなしにツイッターを見る人は、スマホのほうが便利でしょう」とのこと。 

 ちなみに、上記の女性の場合、iPad miniは海外のSIMフリー版を通販(EXPANSYS)で買い、IIJmioの高速モバイルデータ通信を使っているそう。機種料金は約48000円(2013年1月)で2年使うなら月額2000円。データ通信料は月額1974円。ガラケーはソフトバンクのホワイトプランで月980円。通話料等は別として、固定でかかるのは合計で約5000円。
「iPhone5の時も月額5000円ぐらい(ソフトバンク・かいかえ割)でした。同じぐらいの額ならiPad mini+ガラケーのほうがずっと満足度が高いと思います」

「ガラケーだけで十分」派



 一方、タブレットを買わず、単にスマホをガラケーに戻しただけの人もいました。その2大理由は、料金とバッテリー問題。

「スマホだとゲームアプリやTwitterをずっとやってしまって……。暇さえあればという感じで、遊び過ぎていることを反省しました。機械に振り回されている感じがイヤでした」(20代・男)

「通信費だけでなく、有料アプリやアプリ内課金もあって、お金かかり過ぎですよね。冷静になったら自分が悪いんですけど、お金を吸い取る魔力がスマホにはある」(20代・女)

「スマホとガラケーの2台持ちだったのですが、毎月の携帯代が高すぎでした。どちらを解約するか迷いましたが、使い慣れたガラケーを選びました」(20代・男)

 使い方は自分次第という気もしますが……、たしかにガラケーと比べて利用時間は増えやすいし、料金もかかってしまいがち。できることが増えた反面、デメリットも大きいようです。なかでも最も多かった理由は、バッテリー問題。

「ずいぶんと改善されているそうですが、バッテリーの持ちが悪いですよね。寝る前に必ず充電しないといけなかったり、出かけている途中に充電が切れたり、ガラケー時代にはなかった苦労が増えました」(IT系)

 他にも、「手が小さいのでスマホは大きすぎた」、「液晶が大きいこともあり目が痛くなる」などの意見が。みなさん、「ガラケーに戻して特に不便はない」ということなので、もともとスマホが必要ない生活だったのでしょう。

 各キャリアは、2013年モデルのガラケーを長らく発表していませんでした。やっとauから新型ガラケー『グラティーナ』が秋に発売されることが発表されましたが、今後ガラケーは生産され続けるのでしょうか。スマホからガラケーへの出戻り需要があるなか、今後の各キャリアの動向に注目です。 <TEXT/林健太>




あなたにおすすめ