炒め物は×。外でチャーハンを食べるときのNG組み合わせ【ずっとキレイでいる食事 第9回後編】

⇒【前半】チャーハンはダイエットの敵じゃない! 美容飯として楽しむコツ

これは美味! 美容チャーハン「Wエビ玉チャーハン」を作ろう!



 美容食材は、エビ(フィトケミカル)、干しエビ(カルシウム)、パプリカ(ビタミンA・C)、玄米(食物繊維・ビタミン・ミネラル)、卵(ビタミンB2)ショウガ(ショウガオール)。油は、抗炎症作用のあるオリーブオイル。玄米と干しエビの香ばしさがおいしさの秘訣です。

エビ炒飯【材料(2人分)】
玄米 茶碗2杯分
エビ 8尾
干しエビ 大さじ1
卵 2個
パプリカ(黄・赤) 各1/4個
玉ねぎ 1/2個
ショウガみじん切り 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
鶏ガラスープの素 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2
塩コショウ 適宜

【作り方】
(1)材料を切る。エビ(2尾は飾り用に残す)、パプリカは小口切り、玉ねぎはみじん切り、干しエビは細かく刻んでおく。

(2)フライパンにショウガとオリーブオイルを入れて火にかける。香りが出てきたら玉ねぎを炒め、エビと干しエビを加える。エビに軽く火が通ったら玄米、パプリカ、鶏
がらスープの素を入れてパラパラになるまで混ぜながら炒める。

(3)フライパンに空きスペースを作り、溶きほぐした卵を入れ、固まったら全体に混ぜ合わせる。最後にしょうゆを回し入れ、塩コショウで仕上げる。皿に盛り付ければ完成!

外食でのチャーハンの楽しみ方



 まず、中華料理は全般的に、「油」と「砂糖」を多く使う料理だということを心得ましょう。基本の考え方は2点。

 チャーハン単品ではなく、栄養価の高いおかずや汁物と組み合わせること。シェアすること、ヘルシーな調理法を選ぶことで全体カロリーをおさえること。「ラーメンにチャーハン」といった炭水化物同士の組み合わせは我慢した方が良さそうです。

◎組み合わせNGのメニュー例
ラーメン、炒め物(チンジャオロース、ホイコウロウなど)、揚げ物(酢豚など)、点心(餃子・シウマイなど)

◎組み合わせOKなメニュー例
冷製(クラゲの冷製、ピータン豆腐など)、蒸し物(バンバンジー、魚の蒸し煮など)、汁物(ワカメスープなど)

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ