Gourmet
Beauty

生で良し、加熱しても良し!美白効果のある夏野菜

 蝉の声は夏の風物詩。ミーンミンミンミンミン……と蝉の声をきくと「まだまだ暑なりまっせ、暑なりまっせ、もっともっと行きまっせ」と言われてるように感じるのは私だけでしょうか。

 季節のもの、といえば野菜にも旬というのがあります。旬のものを食すとよい、とよく聞きますが、夏野菜の「トマト」。夏に嬉しい美白の効果がすごいのご存じでした?

美白の効果がすごすぎるトマト 旬のものは安くて美味しい、そのうえ美白もできるのならば、食べまくってやれ! ってことになりますよね。トマトといえば数年前に流行ったトマトダイエット。トマトの主成分であるリコピンの高い抗酸化力にあやかるダイエットでしたが、その「リコピン」、美白の効果がすごすぎたんです!

 紫外線を浴びた時、肌の内部で何がおこるのか?

①紫外線を浴びると肌内部で活性酸素(サビ)ができます。

②そのサビが、チロシナーゼ酵素というものを刺激するのですが、このチロシナーゼ酵素こそが、シミの原因であるメラニン色素を出すように促す酵素なのです。

 だから紫外線を浴びるとシミができる! のです。ではシミを作らないようにするには、その肌内部で起こっていることを抑えてしまえば良い、ということですね。

 そこで大活躍なのがトマトに含まれる「リコピン」。

 リコピンの優秀すぎる働きは、まず、

①紫外線を浴びたときに発生する活性酸素を抑える効果があります。

②メラニン色素を生成させるチロシナーゼ酵素を抑制してくれます。

 ほら、まさに紫外線を浴びたときにシミが発生する順番通りに2段階で効いてくれる!

 すごいですよね。旬のトマトはフルーツみたいにジューシーで美味しく、普段の食事にプラスできる「食材からの美白」です。

 ではその食べ方ですが、せっかくなら効果を最大限に引き出す食べ方をしたいですよね。

 まずリコピンは脂溶性だと言うことを覚えておいてください。油に溶けて体に吸収される!

 ですから、暑い夏に生で丸かじりもフルーツみたいで美味しいですが、オリーブオイルをかけて食べる、とか、森のバターと称されるアボカドと一緒に食べる、など、工夫することでさらに効果はアップ。

 そしてもう一つ。リコピンは加熱することで吸収率が2~3倍になるのです。

 生で食べても、加熱しても美味しく美肌、美白に効果が高いなんて、食べないわけにはいきませんね。

 ぜひこの夏、トマトリコピンで美肌力アップしてください!

<TEXT/白川 凛 >

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の40代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。WEBマガジン「milkik」では「美容部員の美容食」を連載中(http://milkik.com/)。電子書籍『誰にも教えたくない 秘密のバリコスメ』(角川エンターブレイン)も好評発売中!




あなたにおすすめ