Beauty
Fashion

この秋冬服はNG!アラフォーが選んじゃいけない“痛ファッション”3つ

 肌寒い日が多くなりいよいよ秋冬モノの季節。今年は夏のガウチョなどのフォークロアやボヘミアンなどのトレンドを継承しつつ、そこにガーリーを加えたものや、そこにエレガンスを加えたものなど春夏よりも更に面白い内容となりそう。お店を眺めていてもシンプルな春夏モノよりも秋冬モノは魅力たっぷりに感じ、色々なスタイルに手を伸ばしたくなるものです。

……が。いくら色々なスタイルを着たいとっても「年相応」というものが残念ながらあるのです。今日は秋冬に向けて「アラフォーが絶対着ちゃいけないスタイル」を3つ紹介します。

ファッション

山ガール的なマウンテンパーカーの着こなし



 一時期「山ガール」なんて言葉が流行し、マウンテンパーカーなど登山用のアウトドアスタイルが多く市場に溢れました。マウンテンパーカー自体は別に良いのですが、禁忌なのはこの画像の様な何のひねりもないカジュアルすぎる「山ガール」スタイル。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=340908

山ガールスタイルのマウンテンパーカー

http://shopping.yahoo.co.jp/より

 マウンテンパーカーやダウンベストなどがNGと言ってるワケではありません。アイテム自体は別に良いのですが、アラフォーならば着こなしやアイテムの中に「品の良さ」を感じさせなければ、「無理して若造りしているイタイ人」になりがち。

 例えば同じマウンテンパーカーでも細身を選ぶとか、色の切り替えのない単色のシンプルなものを選ぶとか。また着こなしもパンプスや品のある女性らしいレザーのバッグやアクセサリーを使うなど、「バランス」をとることが大事です。

単色でシンプルなマウンテンパーカー

http://zozo.jp/より このコーデなら大丈夫

 若い人なら「山ガール」で済まされますが、アラフォーにもなれば「変な服装をしてるオバチャン」になっちゃいます。カジュアルに品の良さを入れ込む「バランス」が必要です。

茶系のボケた色合いは顔を老けて見せる



 ボヘミアントレンドなどの流れでこの秋冬は例年と比べてもチェックシャツがやや多め。チェックシャツは上のアウトドアスタイルと同じくカジュアル過ぎる着こなしになりがちですので、バランスを意識する必要があります。またチェックシャツはよくあるくすんだ茶系などの色合いだと顔がぼやけて写り老けてみられます。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=340910

茶系のチェックシャツ

http://lisa-shop.com/より くすんで見える…

 こういった発色がくすみがちな起毛感のある素材でブラウンを使うと、顔つきが一気に老けてしまいます。アラフォーが選ぶべきチェックシャツは色味がハッキリとしたもの。

ハッキリとした色味のチェックシャツ

http://zozo.jp/より これなら老けて見えない

 こういったハッキリとした色味のものや、色数の少ないシンプルなチェック柄であれば顔つきを不用意に老けさせることなく綺麗に品良く合わせられます。チェックシャツといえば茶系の起毛感のあるものが多いので、ついついいつもの感覚で選んでしまいがちですが、鏡に当てると印象の違いは歴然。是非選ぶ時は注意してみてください。

色彩と色数に注意しないと、花柄は「近所のおばちゃん」に



定番モチーフの「花柄」も意外と罠があるもの。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=340912

色数が多すぎる花柄ブラウス

http://zozo.jp/より 色数が多すぎ

 こういった花柄のブラウスなどはアラフォーが着ると極端に老けてみえるもの。この理由は色数の多さです。洋服は基本的に使う色の数が多ければ多いほどカジュアルなデザインとなります。カジュアルと対極に位置する「礼服」が黒一色なことからも理解できる通り、カジュアルは色数が多ければ多いほど、また色彩が強ければ強いほど際立ちます。花柄は鮮やかな花の彩りを表現しようと色数が豊富でかつ色彩も強いものが多いです。「カジュアル」は「子供っぽさ」「ラフさ」を象徴するものであり、大人っぽい品格を与える役割はありません。アラフォーがこれらのカジュアルな花柄を選んでしまうと、安っぽく妙に「近所のおばちゃん感」が出てしまうものです。

色数と色彩を抑えた花柄ブラウス

http://zozo.jp/より 柄は大きくても色数が少ないと上品に

 そこで有効なのが、色数や色彩を抑えた花柄。画像のように大胆なサイズの花柄モチーフであっても色数や色彩を抑えると不思議なことに随分と大人っぽく品格が生まれます。「大きな花柄なんて派手で嫌」と思うかもしれませんが、実は肝心なところは柄の大きさよりも色数、色彩の方なのです。花柄を選ぶ際は特に注意してみてください。

 これから秋冬服を選ぶ人も多いでしょう。上記を参考に品のある服装を意識して、おしゃれに見せる工夫を意識してみてはいかがでしょうか。高いものを買えば良い、という訳でもありません。ユニクロで揃えるにしてもこういった配慮があれば十分オシャレになれるのです。

【MB】
ファッションバイヤーMB氏

ファッションバイヤーMB氏

メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」は、女性が読んでも参考になる。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。日刊SPA!では「メンズファッション」に関するコラムを連載中。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」を人気バイヤーMB氏が解き明かす。お金もセンスもファッション誌もいらない!




あなたにおすすめ