Lifestyle
Love

家デートの「ウチ充」増加で「デートスポット」は死語に

「引きこもり」「巣ごもり」など、出かけず家で過ごすことが多い人々を指す言葉は多くありますが、新たに「ウチ族」という言葉がうまれているのを、ご存知ですか?

家デート,アンケート, デート, 恋愛 ずっと家にいる、というとなんとなくネガティブにこもっているイメージがありますが、最近は積極的に家での生活を充実させようとする「ウチ充」が増加しているというのです。

 マーケティング会社「ネオマーケティング」社の調査(20~50代の男女3831人)によれば、「自分はウチ族だ」と答えた人は全体の63.1%、一方「自分はソト族だ」と答えた人は16.8%と、圧倒的に「ウチ族」が多い結果となっています。

 ※ウチ族=「ウチ充(家の中の環境の充実)」を優先したい人
  ソト族=「ソト充(外出先など家以外の環境の充実)」を優先したい人

 そして、「自分はウチ族だ」と答えた20代男女100人のうち、3人に1人が「恋人とのデートはウチ」(31%)と答えています。

 ウチ族を自称する割にデートで家にこもる率は低いような気がしなくもないですが、実家暮らしでウチでのデートはしづらい等の事情を勘案すると妥当な数字なのかもしれません。

ウチデートでは一体なにをしているの?



 積極的に家にいるのが好き、といっても恋人と2人でずっと部屋にいるウチデートって一体何をしているのでしょう? 家にいるのが好きなインドアカップルに話を聞きました。

「彼氏とは会うときはだいたい家でテレビを見るか、youtubeを見てるか。で、お腹すいたら食料調達に出かける……みたいなダラダラ生活(笑)。互いに仕事が忙しくて、休日はアクティブに動く気になれないのでラク」(26歳女性・営業)

 私が出かけるのが好きなタイプだったら彼はどうなってたんだろう?と話す彼女。恋愛がうまくいくかどうかは「ウチ族」「ソト族」を見分けることが重要!?

「私も彼も超インドア。できれば家で会いたいけど、両方とも実家なのでだいたいビジネスホテルでまったりしてる。24時間以上滞在できるプランがあるホテルもあって、インドア派にはオススメ」(25歳女性・事務)

 親の目が気になる実家ではなく、わざわざホテルを予約するというウチ族の極みのようなカップル。周りの目を気にせず昼間からビールが飲めるのもウチ族の特権だそうです。

「休日は彼氏が全然起きなくて旅行に行ってもずっと寝てる。最初はすごくムカついたけど、最近は彼氏が寝てるうちに自分の仕事ややりたいこことができて、時間を有効に使えてる気がする。起きるまでに終わらせなきゃ!と思うので(笑)」(26歳・編集)

 彼氏の寝顔を見ながら仕事をするとはかどるなんて、男前な彼女! ライフスタイルが違うカップルも家での時間をゆっくり楽しみたいと思うようです。

「ウチ族」はとことん家の中で、しかも二人きりでデートをすることを好むようです。それがデートといえるのかはさておき、密室で長時間一緒にいられるのは、それだけで相性がいいことの証明といえそう。ウチにこもって苦じゃないかどうかは、恋愛がうまくいくかの試金石ともいえるかも。 <TEXT/高野萌奈>

【調査概要】
全国の男女750人にインターネットで調査(2013年8月9~19日)のうち、「ウチ族」男女100人に再調査

高野萌奈
ハヤりものと噂話に首をつっこまずにはいられないミーハーライター。OLの心を持つコスメフリーク兼万年ダイエッター




あなたにおすすめ