牛丼より高カロリーな「沼サン」をヘルシーにするコツ【ずっとキレイでいる食事】

【vol.14(2)】

⇒【前編】「サンドイッチ」でお手軽美容。サブウェイで増量すべき“PTA”って?

「沼サン」や「たまごサンド」も美容食に変えられる!



◎実はハイカロリーな「沼サン」を、37%カロリーダウン!

沼サン 話題沸騰中の「沼サン」。千切りキャベツをぎっしりはさんでいるので、ビタミンCや食物繊維が期待できます。しかし、意外にも牛丼(並)より高カロリーなことをご存知ですか?

 せっかくおいしいサンドイッチですから、ちょっとした工夫でヘルシーにしちゃいましょう! 以下のように食材変更するだけで、カロリーが824kcal→519kcalに。大幅なカロリーダウンが可能なんです。

・食パン6枚切り(348) → 食パン8枚切り(264)
・マヨネーズ大さじ2(200) → カロリーハーフマヨタイプ大さじ2(100)
・ベーコン2枚(146) → ハム1枚(25)
・とろけるチーズ1枚(60) → とろけるチーズ1枚(60)変更なし
・マスタード小さじ2(28) → マスタード小さじ2(28)変更なし
・キャベツ+玉ねぎ(42) → キャベツ+玉ねぎ(42)変更なし

※カッコ内はカロリー値

●パクパク食べちゃう「たまごサンド」の食べ過ぎを防ぐ

天のや「天のや」(http://amanoya.tokyo/)を筆頭に、注目フードとなった「たまごサンド」。

 甘すぎるものは別として、関西風の甘くないタイプを選べば、比較的ヘルシーと言えます。しかし、美容素材としては「たまご」のみで、ビタミンA・C・Eや食物繊維はほとんど含まれません。また、ふんわり柔らかい食感のため、大変食べやすく、気がつけばペロリとたいらげてしまうため、食べ過ぎが心配。

 対策としては、野菜がたっぷり入ったスープ、サラダ、ジュースと組み合わせ、食べる順番を野菜からにするだけで、食べ過ぎや血糖値の急上昇を防ぐことができます。

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana




あなたにおすすめ