Love

結婚が若すぎた?妻が留学先で不倫

 結婚した当初はラブラブでも、時がたつにつれて、お互いに不満が出てくるもの。夫は妻のどういうところを「イヤ!」だと思っているのだろうか? 妻から見れば「お互いさまだよ」と言いたくもなるが、反面教師としてリサーチしてみた。  今回、30代の既婚男性100人にアンケートを取ったところ、妻への不満の第7位にあがった「浮気」。その言い分を夫側にインタビューした。 ⇒【アンケート結果】はこちら http://joshi-spa.jp/34315

結婚直後に留学し、ポーランド人と浮気

不倫●森井洋一さん(仮名・27歳・メーカー営業) ●妻・梓さん(仮名・27歳・学生)  結婚したと思ったらその直後に突如ポーランドへ長期の留学、あげくの果てに現地で浮気……。トンデモワイフに悩まされる森井さんが、結婚したのは4年前。 「大学在学中に付き合い始めて、卒業して半年後に結婚したんです。当時23歳で、早すぎると周囲には言われたけど、3年間付き合って半同棲していて、家事や生活スタイルのズレもなかったので」  だが、結婚直後に、妻は新卒で入社した大手の保険会社を退職。その後、再就職するのかと思いきや、単身ポーランドへ留学した。 「ここまではまだ許せたんです。就職した会社が激務でツラそうだったし、留学も長くても1年の予定だった。それが、向こうでの勉強が面白くなったらしく、『海外での就職に使える資格が欲しいから、向こうの四年制大学に入る』と言い出して」  一向に帰国する気配のない妻の様子に、何のために結婚したのか、と森井さんは結婚生活に疑問を抱き始めた。さらには、あろうことか妻の現地での浮気が発覚。 「浮気しておいてしゃあしゃあと、『離婚はしたくない。結婚という形は続けたまま、ポーランドの彼との関係も続けたい』と言うんです。今はポーランド人の彼のほうが好きだけど、バツイチにはなりたくないとか。また、自分の旧姓が嫌いだから今の姓でいたい、と意味不明なことも言われました」  ブッとんだ妻の本性は結婚前にわからなかったのだろうか。 「大学時代から勉強好きで、『留学したい』とはたびたび言っていたのですが、浮気に関しては寝耳に水。前科もなかったし、恥ずかしながら、お互いぞっこんだったので……ただ、思い立ったら一直線に行動するので、周りを振り回しがちな性格ではあったかも」  振り回されて楽しいのは恋愛中のみ。結婚相手には厄介なだけと気づけなかったという。 <ILLUSTRATION/ドルショック竹下> ― 夫が激白「妻への不満」実例集【10】 ―
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ