Lifestyle

超草食のオタクに貢がせる“なんちゃってメイド”の生態

 大阪在住の望さん(仮名・23歳)は自分を「カネにがめつい関西女の典型」と笑う。ルックスは正直、並以下。これといった特技もなく、時給の安いアルバイトを転々としていた彼女がメイドカフェで働き始めたのは2年前だ。

メイド

※写真はイメージです

メイドはブサイクでも貢がれる!?



「テレビでブサイクなメイド女がチヤホヤされ、貢がれたりもしているのを見て驚いて。私でもメイドの格好をすればファンがつくかな、ファンがついたら食べさせてもらおうかな、と思ったんです」

 すぐに大阪随一のオタク街・日本橋のメイドカフェへ。しかし、容姿のせいか、オタク知識の無さか、面接を受けても受けても不採用。10店目でなんとか採用されたが、いざ働き始めると気苦労が絶えなかったという。

「オタク文化に影響を受けず生活をしていたので、お客さんにアニメの話をされても、ちんぷんかんぷん。オーナーには怒られるわ、オタクからは無視されるわ散々で、どんな接客をすれば受けるのか、他のコを観察したり、アニメや漫画を読んだりして猛勉強しました」

 そのかいあってか、徐々に望さんの固定ファンは増えていき、入店して4カ月後には彼女目当てに通う数人の男性客が現れた。

珍しいキャラで差別化



「『ご奉仕』が苦手だったので関西女丸出しのボケとツッコミキャラで売ったら、メイドカフェにはいないタイプだったらしく、固定ファンがついたんです。ちょろいと思いましたね。ただ、メッシーにするためにはアイツらと連絡先を交換しなければいけない。だからそこからは慎重にやりました」

 客が店にカネを落とさなくなるという理由から、最近のメイドカフェは連絡先交換などの「直引き」を禁じている店舗が多い。

「メアドを紙に書いて店員たちの目が届かない見送りのときに渡してました。『気が向いたら連絡して』とか書いて。でもほとんどその日のうちに返事が来ましたね」

超草食のオタクを財布代わりに



 デートをしても、割り勘はおろか、一銭も払う気はない望さん。

「『時給が安くて、お金がないの』と言えば、大抵の人は払ってくれた。さらに『外で会ったことを言っても誰の得にもならへんよ』とクギを刺すと、素直に従いました」

 3カ月後、連絡すれば食事を奢ってくれるメッシーを確保した望さん。1年がたった今では4人に増え、外食したいときには必ず誰かに連絡を入れるという。

「メッシーたちに『ご飯行くけど、どうする?』とメールやLINEで聞きます。返事があった順に食事をしますが、ここ1年は自分のお金でご飯は食べてないですね」

「彼氏は欲しい」という望さんだが、オタクは恋愛対象外で「財布」としか見ていないと言う。

「基本的におとなしい人が多いから、横にいてもあまり喋らない。だからオタクとは一人で飲むような気分で気兼ねなく飲めるんですよね。部屋で2人っきりになっても『触ったらいかんで』と言えば、じっとしているし。たまに『ファンの集い』と称して彼らを一堂に集めて鍋パーティをするんですが、オタク同士で話しているし。たまに、プロポーズをしてくるヤツもいますが『はいはい、よく言えましたね~』とあしらっています

 現在もメイドカフェで働く一方で、新たなメッシー獲得に励んでいる望さん。危険な目に遭わないことを祈りたい。

―女性たちのド底辺生活【11】―




あなたにおすすめ