クロワッサン VS. ベーグル、太りやすいのは「ベーグル」だった!【ずっとキレイでいる食事】

【ずっとキレイでいる食事vol.16(2)】

⇒【前編】ミスドで比較! 「クロワッサンドーナツ」と「ドーナツ」食べるならどっち?【ずっとキレイでいる食事】

ヘルシーパンの代名詞「ベーグル」が健康的というのは勘違い!?



ベーグル 噛みごたえがあってダイエットにも良さそうなパンと言えば、「ベーグル」。このヘルシーそうなパンを、クロワッサンと比較をしてみましょう。ベーグルが必ずしも優秀パンではないことがわかります。

カロリー 1個食べることを想定した場合、実はカロリーはベーグルの方が高いことがわかります。また、バター・牛乳・乳製品を使用しないベーグルは、脂質がほとんど含まれませんが、クリームチーズを塗るのが定番なので、脂質やカロリーがさらに加算されることに。

 また、GI値を比べると、血糖値の上がりやすさ=太りやすさもベーグルの方が上。つまり、節度ある量を保ってクロワッサンを楽しめば、決して悪者ではないのです。

⇒結果2:節度を保って食べれば、ベーグルよりも低カロリーで太りにくい!

 さらに、クロワッサンを美容食として楽しむことは可能で、要は「組み合わせる食材」が重要。そこで、ダイエット、アンチエイジング、美肌作りを意識した「簡単クロワッサンサンド」を考えてみました。

切ってはさむだけ!「ビューティークロワッサン」の作り方



ビューティークロワッサン ポイントは、これ以上「脂質」を加えないこと、消化を助ける「酵素」を活かすこと、美肌の素となる「たんぱく質」をしっかり入れること、抗酸化作用・美肌効果を導く「ビタミン類」を忘れないこと。

 この4点を満たし、おいしいバランスを考えると、食材は「リンゴ」、「生ハム」、「生ピーマン」の3種。リンゴとピーマンはあふれるくらいたっぷりと使うのがオススメです。

⇒結果3:美容に良い野菜・果物と、低脂肪肉でおいしい美容サンドが作れる!

 甘い系のクロワッサンを食べる場合は、ダークチョコレートやサツマイモといった美容食材をくるんだものを選び、たっぷりのホットドリンク(無糖)と一緒に楽しみましょう!

クロワッサン⇒結果4:美容食材であれば、スイーツ系もあり!

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

スギアカツキ
食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。




あなたにおすすめ