Lifestyle

心の汚れを落としたい女性に人気の「滝行」をやってみた

 滝。それは清き山の象徴、マイナスイオンの宝庫。2015年もあと数か月、今までの垢をきれいさっぱり洗い流すべく、もりおやま(森+尾山の女性ユニット)が滝行に挑戦してみました。

東京都でも滝行できるところがあった

 関東圏内にも日帰りで滝行ができる場所がたくさんあるのです。今回体験したのはこちら。 『梅松山円泉寺 龍神の滝』 http://www.ensenji.or.jp/contents/facility/waterfall/
桧原村 九頭龍の滝

桧原村 九頭龍の滝

 東京都桧原村数馬にある九頭竜の滝・龍神の滝は都心から電車で1~2時間で行けちゃうパワースポット。主催者である神職・西澤形一氏が懇切丁寧に指導してくださり、参加者が少ない場合は最寄りの駅まで送迎してくれます。  今回、もりおやまが参加したのは9月。ふたりとも初心者なので夏日をセレクトし予約したのに、8月後半から急激に冷え、当日は朝から落雷というデンジャラスぶり。 「つーか、かえってギャグでいいんじゃね?」ということで参戦。待ち合わせは9時に武蔵五日市駅。 「この時間に開始すると一連の儀式は12時頃に終わります」  と主催者の西澤氏。滝行インストラクターのK女史とともに西澤氏の自家用車に乗せてもらいました。この日は私達の他に20代のお嬢さんがふたり、計4人で龍神の滝に向かいます。
桧原村

桧原村ってこんなところ。東京都とは思えない…

 東京とは思えないほど緑あふれる山道を走るうちに、雨模様だった空が晴れてきました。龍神様に許されたようで気分も高揚。まずは九頭竜神社に参拝します。 「滝があるってだけで勝手に滝行をしてしまう人達がいるけど、絶対にダメですよ」と西澤氏。神聖な滝にずかずか土足で入り込む輩がいる事実に驚きました。

白装束で一気にテンションアップ

 というわけで、まずは参拝です。これ大事!  参拝終了後は準備体操。9月といえど山は寒い。身体をあたためるのは必須なのです。 「エイッ、ヤー」  と声を張り上げ、ボート漕ぎ運動のような滝行準備体操を終えたら、目的の滝へ。  滝行アイテムの白装束は主催者側で用意してくれます。水着の上に着用し、はちまきをしめる女4人。 「わあ、なんか合戦に行くみたいね」 「両親の敵討ち! とかね」  時代劇チックでちょっとウキウキ。やっぱりコスチュームって大事よね。  九頭竜神社から、ちょっと険しい山道をくだり、サバイバル的な橋を渡ると一気に視界が開けます。陽だまりの中、清らかな滝がありました。  阿藤快も取材に訪れたという筋金入り(?)のこの滝。一見して、水流は細く、ささやかな感じです。  滝行の順序を簡単に説明すると 1. 白装束に着替える 2. 滝に向かって礼 3. 気合を入れる 4. 水につかり、滝の前まで進む 5. 滝つぼに入り、気合を入れ、精神統一 6. 滝に向かって礼 7. 滝から出て身体を拭く ⇒【マンガ】はコチラ http://joshi-spa.jp/365753 滝行 本来、精神統一のさいに般若心経を唱えるのですが、素人は無理です。今回は西澤氏が代わりに唱えてくださいます。 「まず私が見本を見せますね」  ニコニコと西澤氏。滝の前で「エイッ」と気合を入れます。  この気合、入水前は右手を上から斜め下に勢いよく降ろし、終了後は右手を下から斜め上に勢いよく上げます。特撮ヒーローみたいでカッコいい。  終始ニコニコの西澤氏が滝つぼに入ると……。 「え。般若?(失礼!)」  般若心経を唱え出したとたんに、西澤氏の顔が一変したのです。 「はんにゃーはーらーみったーしんぎょー」  頭の天辺から腰まで水にまみれ(あたりまえ)、滝の音に負けないように声を張り上げるも、その必死ぶりを嘲笑うように水音は響きます。 「ぎゃーてーぎゃーてーはらぎゃーてー」  もしかして泣いているのでは、と危ぶむほど西澤氏の顔は歪んでいます。  滝って容赦ないな……。  正直、わたくし・森は逃げようかと思いました。隣の尾山をチラ見すると、どこかワクワクした表情。  やるしかない。  この白装束、三途の川を渡る正装じゃないよね。そんな一抹の不安を抱え、いよいよ滝行本番です。 次回に続く。 <TEXT/森美樹 ILLUSTRATION/尾山奈央> もりおやま http://morioyama.com/ ●森美樹:1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓 https://twitter.com/morimikixxx ●尾山奈央:1980年生まれ。脚本家、エッセイスト。著書に『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食ダイエット』(泰文堂) http://oyamanao.com/
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ