Job&Money

コンビニ買いをスーパー買いに変えるだけで、食費は年約20万円節約できる

 ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 外食やコンビニがなんとなく割高だろうと感じている人は多いかもしれません。そんな疑問を解消する1つの検証があります。その結果によると食材の購入場所をコンビニからスーパーに変えるだけで、なんと年間約20万円も食費が節約できてしまうという結果に。

 自炊が苦手な人にも参考にしていただけそうな内容です。

スーパー

外食・コンビニ・スーパーで1週間ずつ実験



 毎月中旬ごろ放送している「スズキ presents ニコニコ生活講座」という番組に出演しています。2015年9月15日放送回では、ユーザー記者ユニット『JAST』代表の【jetだよ】さん(以下、jetさん)が外食のみ、コンビニのみ、スーパーのみで1週間の食事をまかなう食事制限実験に挑戦しました。

スズキ presents ニコニコ生活講座

左からMC・増子瑞穂さん、風呂内、公認会計士・山田真哉さん、ユーザ記者・jetだよさん

 その検証結果によると1週間でかかった食費は外食20,582円、コンビニ9,581円、スーパー5,842円でした。年換算すると外食では約107万円、コンビニでは約50万円、スーパーでは約30万円かかることになり、コンビニとスーパーの違いだけでも年間約20万円という結果になりました。

 いずれも激しく浪費をしている様子はなく、またスーパーだからと取り立てて節約した内容でもありません。食事の調達場所に制限はあるものの、普段と同じような選択をしてもらった結果です。普段コンビニが中心で自炊はほとんどしないと話すjetさんの体験談からは食費節約のために現実的で真似をできそうなことがみえてきます。

自炊をしなくても食費は抑えられる



 スーパー生活前半ではカレーをがんばって自炊したjetさんでしたが、後半ではお総菜やキムチ、冷凍食品などを組み合わせて手間をかけずに実験を継続していきました。また、やきそばパンを93円で購入するなどスーパーがいかに割安か感じさせるレシートも。

 こうしたことから、日持ちする食材を週末にスーパーで購入することを併用すれば、必ずしも完璧な自炊をこなさなくても食費を落とせることがわかります。

 例えばご飯はまとめて炊いて一食ずつ容器に分けて冷凍、食パンも冷凍でストックします。キムチ、チーズなどの賞味期限が長いものはスーパーで週末に買っておけばチーズトーストにすれば朝ご飯になりますし、帰りが遅くなってもコンビニで買うのがお総菜だけで済めば比較的手間をかけずに食費を落とすことができます。

 インスタントラーメンなどもスーパーだと安い場合が多いです。同じくスーパーでも買える冷凍ほうれん草などを一緒に入れれば、そのまま食べるよりも野菜を摂ることもできます。

 自炊で食費を下げると聞くと毎日おかずを作ったり、彩りの良いお弁当を作ることを想像する方もいるかもしれません。これは、料理が得意でない人にとっては高く厚い壁になってしまいがちです。それに比べてコンビニで購入しているものの一部をスーパーに置き換えてみることは実践しやすいといえそうです。

 ダイエットにも1食を置き換えるという手法がありますが、お金のダイエットについては購入場所の置き換えも有効な手段の1つと言えそうです。栄養バランスにも気をつけつつ、上手に節約できれば嬉しいですね。

<TEXT/風呂内亜矢>

風呂内 亜矢【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】
ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引主任者。
1978年生まれ。岡山出身。
IT企業に勤めていた26歳のとき、貯金80万円で自宅用としてマンションを衝動買いしたものの、物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯金を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し、賃料収入を得ている。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。
著書に『貯金80万円、独身の私にもできた!自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』(日本実業出版社)がある。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya
(出演)スズキ presents ニコニコ生活講座 10/15木21:00~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv23207290

風呂内亜矢
(ふろうち・あや)ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。近著は『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(監修)、『超ど素人がはじめる資産運用




あなたにおすすめ