ヤリたいという気持ちは止められません【性活相談・後編】

⇒【前編】産後のセックスレスに耐えきれず、元彼としてしまいました【性活相談】はコチラ

 結婚は制度なので、紙切れ1枚のものとも言えますが、2人を本当に結び付けているのは信用です。信用という絆は、嘘をつかず、ダマさず、裏切らず、相手の嫌がることはしないことで築かれます。紙切れと違い、目に見えないからわかりにくいし、時間がかかります。感覚的なものですが、元彼との浮気は信用問題になります。元彼はダメです。

女性向けの風俗をおすすめします



 じゃあ、どこにエッチを求めればいいのかと言うと、大胆な提案ですが、女性向けの風俗がベストです。男女平等を掲げる時代ですから、そんな選択もアリです。女性もサクッと発散出来るようになればいいと、本気で思ってます。

 ちなみに、男優仲間がやってる「ブラックスワン」という風俗は、風営法に則って男優が接客しますから安心だし、割り切れます。僕のオススメは大島丈です。日本で一番、裸のエスコートが上手です。

ヤリたいという気持ちを止めるのは無理



森林原人さん

森林原人さん

 一度知ってしまった快楽は、忘れたり、抑えたりすることは難しいです。人類の歴史はそことどう向き合うのかでした。宗教も教育も文学も。けれど、克服出来てないんです。

 一国のファーストレディーが、好きなミュージシャンにしな垂れかかったという噂が本当かどうかはさておいて、どんな立場の人でも、ヤリたいっていう気持ちを持っています。自制心の塊のような大リーガーですら、不倫の報道がありました。

やっぱり無理なんです、ヤリたいって気持ちを止めるのは

 ですから、もう、ヤリましょう。なるだけ周りに迷惑をかけず、悲しませず、やるべきことはやって、母親や妻としての責務をおろそかにせず、隙をみつけてヤルしかないんです。後腐れない相手ととことん、恋愛感情なしの、欲のみのセックスを。

 ただ、あなたがエッチを家庭外に求めるのなら、それなりのリスクと責任を負う覚悟が必要だということも伝えておきます。生きにくくなりますが、生き生きとはなれます。

<TEXT/森林原人>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【性活相談者を募集!】
森林原人さんに悩みを相談したい方は、メールの件名の冒頭に【性活相談】を入れ、以下のアドレスまでお送りください。
jspa.q@fusosha.co.jp
※お送りいただいた相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。また、いただいたメールはすべて森林さんがチェックしていますが、すべての相談を取り上げることは難しい旨、ご了承ください。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】
35歳。AV男優歴16年。AV好きと持て余す性欲が高じて、ついにはモザイクの壁を飛び越え、汁男優からキャリアをスタート。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。
★Twitter始めました(@AVmoribayashi

イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。

あなたにおすすめ