Gourmet

吉野家の新“ひとり鍋店”は女ひとりだと痛いか?【体験ルポ】

いちなべ家 あの吉野家が先月(2013年9月26日)に、“ひとり鍋専門店”をオープンさせたという。なんと、ひとり鍋とな! 今後3年で10店舗をめざしているとか。

 通常、鍋といえば決まって「二人前から承ります」の憎い文字。こちとら一人なんだ! せめて腹くらい暖めさせてくれぃ。

 というわけで、この「いちなべ家」こそが筆者(女)のような独り者を救う救世主となり得るのか、検証してきた。

女ひとり客は……見当たらない



 神保町駅より徒歩3分。オフィス街の片隅にちょこんと「いちなべ家」を発見。

 平日13時の時点で20席中16席ほど埋まっていて、男女比率は8:2といったところか。オフィス街ということもあって、20~40代の会社員が中心だ。肝心の女性一人客は……見当たらない。

 大抵の客は壁か鍋しか見ていないので、女性一人で入店しても肩身の狭い思いはしないだろう。でも、影をできるだけ薄くし、男性に挟まれる形で着席。席と席の感覚は近すぎずちょうど良いかも。

 鍋メニューは定番の「ちゃんこ鍋」(780円)から、餃子の入った「坦々餃子鍋」(780円)まで、計7種類。加えて、デフォルトの肉を好みの肉に変更できたり、ご飯をうどんや中華麺に変更できたりと、柔軟性の高いメニュー設定は魅力。

⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=37235

 目の前には1人用IHコンロとお鍋セットがすでに用意されている。ポテトサラダは少量ながらも、鍋が来るまでの腹ごしらえに最適だった。

いちなべ家 筆者が頼んだのは「牛すき鍋」(980円)。最後に〆たいのでご飯をうどんに変更。注文から1分弱というとんでもない早さで鍋が届き、その後野菜やら肉やらが続々とやって来る。従来の鍋のイメージを覆すスピード感があり、目の前に壁しかないこの状況でもワクワクする。

 吉野屋の牛丼で使用されるお馴染みの肉をイメージしていたので、精肉店に並んでいそうな立派な赤身を前にちょっとテンションが上がる。具材は白菜・水菜・しいたけ・長ネギ・にんじん・しらたき・豆腐と充実のラインナップ。

 具材を鍋に放り入れたらもうやることはない。卓上には鍋作りの指南書らしきものも置いてあるので、そういったものにも目をやりつつ、ひたすら壁とにらめっこ。……ちょっと寂しくなってきたかも。

15分間、壁を見つめて鍋をつつけるかどうか



いちなべ家

食事中のお隣さんに撮影してもらう。変なやつと思ったよね、ごめんなさい

 いよいよ実食。パクッ。……おぉ! 甘さ強めのすきやきタレが卵とバランス良くマッチしている! 折りたたんであった肉も広げてみると1枚15センチほどあり、ちょっと得した気分。また、大抵〆のうどんといえば「え!これだけ!?」と思うような量のことが多いのだが、ここでは満足&満腹のフィニッシュを迎えられた。

 ふと出入り口を見ると、なんと5名のウェイティングが! あ、一人客らしき女性もいるぞ。

 提供スピードは早いし、一人で黙々食べれば15分ほどで席を空けられるので、定食屋なんかと比べたら回転率は良いかも。

 結論としては、「女ひとりでも全然アリ!」(というか、壁を見つめて食事できるか否かがポイント)。今後のチェーン展開に期待したい。 <TEXT/井上こん>




あなたにおすすめ