Entertainment

中邑真輔に聞く「プ女子」論争……プロレスラーに萌えるのってアリ?【中邑真輔インタビュー】

 プロレス好きの女性を総称して、プロレス女子、略して「プ女子」という。この言葉を最初に使ったのは、『プ女子百景』の著者、広く。さん。プロレスオタクを指す「プヲタ」から派生してプ女子、という意味だったという。

 対してメディアが報じる“プ女子”像は、イケメンレスラーにキャーキャー黄色い歓声をあげ、レスラーとハグをして喜ぶ女性たち。しかし実際には、プロレス会場でそういった女性を目にすることはごく稀で、男性ファンと遜色なく、プロレスのなんたるかに胸を熱くするような人が多い。必然的に女性ファンからは、「プ女子と呼ばれたくない」という反発の声があがる。

 プ女子の定義は、その言葉が浸透したいまも曖昧なままだ。プ女子論争はどこへ向かうのか。翻弄されるプ女子の歩むべき道とは? 今年8月、『もえプロ※スペシャル 中邑真輔』(PARCO出版)を出版した新日本プロレスの中邑真輔選手に見解を伺った。(※=ハートマークが入ります)

中邑真輔_プ女子論争1――プロレス女子について、「人生を謳歌していて、いいと思う」と書かれています。

中邑真輔(以下、中邑):いいと思いますよ。趣味に没頭するということだし、しかも行動が伴うこともある。会場に行ったり、ふだん行かない場所に行ったり。感動を求めるとかね。まさに人生を謳歌してるってことじゃないですか。

――キャーキャー言われるのは、お嫌いなイメージでした。

中邑:僕ら選手からしたら、お客さんであることに間違いないですから。選手は試合を勝敗の為だけにしているわけではなく、闘いを魅せ、自分自身を魅せるためにもやっているので、嫌いもなにもありませんよ。『もえプロ』にしたって、裸にエプロンだったらあれですけど、俺はそういうのはやってないですから(笑)。

――「プ女子はミーハーなにわかファン」というマイナスイメージもあり、「○○女子で括られたくない」という人も多いです。

中邑:プ女子と言われて、「わたしのことかしら?」と思います? 悪い気になってない女性だっているかもしれない。一括りにはできないし、悪いイメージかどうかなんて自分がどう捉えるか次第でしょう。ただ、メディアが取り上げることで入り口は広がった、プロレスというジャンルを選択できるようになった、とは思います。

次のページ 
最初はみんなミーハーじゃないですか。

1
2
3
プ女子百景 (ShoPro books)

近年、女性ファンをも取り込みながら、再び注目を集め始めているプロレス。本書は、そんなプロレスの魅力にどっぷりハマってしまったプロレス女子、略して〈プ女子〉が全力でプロレスをかけあう姿を描いたイラスト集です。コブラツイスト、バックドロップといった基本技から、不知火、ボマイェ、ハイフライフローなど人気選手・団体のマニアックな必殺技まで全260技を網羅! プロレスをまったく知らない人からプロレスマニアまで、ゆる~く楽しめる、新感覚プロレス女子図鑑。

もえプロ♡スペシャル 中邑真輔

とことん選手の“萌え”に特化した別冊ビジュアルシリーズ!! 女子のための萌えるプロレスガイドブック もえプロ♡スペシャル第2弾!!




あなたにおすすめ