Entertainment

玉森裕太の新ドラマは妄想に最適!?共演はジャニーズ随一のフェロモンJr.

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 かつて世界には、“熱い”と“冷たい”、いずれかのポジションしかありませんでした。でも今、圧倒的に居心地がいいのは“常温”という立ち位置です。

 昔は“常温の水”など、「ぬるい」「冷えてない」と避けられたものですが、現代において“常温の水”は身体にやさしいありがたい存在。そして、今期もっともしっくりくる適温ドラマが『青春探偵ハルヤ』!

 主演は、常温の美青年ジャニーズ・玉森裕太さんです。

木曜深夜にちょうどいい



「ハルヤ」は、大学2年生の浅木晴也(玉森さん)が、キャンパスの内外で起きる難事件を解決していく探偵ドラマです。“大人の悪を許さない!”という副題が付いていますが、放送は23:59~と、めっさ大人な時間帯。この、大人とも子供ともいえない曖昧な設定が、本作のすべてに生きています。

青春探偵ハルヤ “モテるつもりはないけどモテる”、“力を見せつける気はないけど強い”。バランスの難しいハルヤのキャラをスッとものにできたのは、玉森さんならではといえましょう。

 これをヤル気まんまんのアツい人や、無機質でクールすぎる人がやっても、あと1日乗り切りたい木曜深夜になじみません。「ちょっと疲れる」とか、「もう少し元気出して」とか思って、チャンネルを替えてしまいそうです。

アメリカ軍も着用した戦闘服にも注目



 また、本作は衣装も素晴らしい!

 ハルヤが羽織っているのは、M-65と呼ばれるフィールドジャケットです。M-65はアメリカ軍に用いられた野戦用の戦闘服で、今では男性のファッションアイテムとして定着しています。

 ミリタリーものは無骨な人が着るとゴツくなりますが、玉森さんのベビーフェイスにM-65はベストマッチ! まるでマシュマロにビターチョコをかけたような、絶妙なコンビネーションを感じます。

 実際、M-65をまとって敵をバタバタ倒すハルヤを見ていると、「クソカッコええええ! こんな彼がいる大学に行きてええええ!」くらい思ってしまうのです。

 ファッションでも心をつかむ。それも主演俳優の大切なつとめです。

フェロモンの放出力はジャニーズ随一!?



 さて、「ハルヤ」にはもうひとり、ジャニーズJr.の高田翔さんも出演しています。今回はお調子者の同級生・窪寺和臣役とのことですが、高田さんはただならぬ色気を秘めた逸材です。

 昼ドラから舞台まで幅広いステージを経験し、そのフェロモン放出力はおそらくジャニーズ随一。玉森さんが澄んだ丸鶏スープなら、高田さんはインパクトあるあごだしスープ。

 部屋でやさしく抱きしめられたいのが玉森さん、階段の踊り場でふいに求められても逆らえないのが高田さん、という感じでしょうか。ふたりの異なるジャニの出演で、妄想もはかどる「ハルヤ」!

 木曜の夜は女子会も早く切り上げて、放送を待ちたいところです。

【青春探偵ハルヤ】
毎週木曜23:59~日本テレビ系で放送中。http://www.ytv.co.jp/haruya/index.html

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
みきーるジャニヲタ・エバンジェリスト。編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。著作に『ジャニヲタあるある+』『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)、『ジャニヲタ談話室!』(イースト・プレス)、『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『パンダフルワールド』(アスペクト)など。『Gina』(ぶんか社)にて、「だてにジャの世は見てねぇぜ! ジャニヲタ魂!!」連載中。ジャニヲタ歴は、約20 年。グループを問わず応援する”事務所担”。mixiコミュニティ”ジャニーズチケットお見合い処”管理人。
●Twitterアカウント:@mikiru
公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

イラストレーター二平瑞樹の育児マンガ「にひパパの育児絵日記」
●マスコットキャラクター『クマる君』のLINEスタンプ発売中!クマる君 LINE クリエイターズスタンプ
ジャニヲタあるある+(プラス)

ジャニヲタ歴20年超の著者が、長年のヲタ活動を経て体験してきた「コンサートあるある」「テレビあるある」などを描き出します。ヲタ仲間から取材したネタも含めて、その数およそ400個以上!愛あればこそ「あるある~」とうなずいてしまう事象が満載です。文庫だけで読める新しいコンテンツも、どどんと加筆!!! ジャニヲタのジャニヲタによるジャニヲタのための1冊です。

あなたにおすすめ