♂&♀

マニアが教える“エッチ撮影”にベストなアプリ【声に反応、手ブレしないect.】

 アイドルグループのキスプリクラや女子アナのエッチ写真など、今年も数えきれないほどの芸能人エロ画像流出事件があった。スマホの高性能カメラが普及することにより、エロ撮影の敷居は低くなっているのだ。さまざまなカメラアプリが存在するが、エロ撮影に向いているアプリはどれなのか? マニアたちにリサーチを行った。

喘ぎ声に反応するアプリは、言葉攻めにも最適



ハメ撮り 高性能カメラを搭載したスマホ、豊富な画像・動画アプリの登場により、本格的な撮影がより手軽にできるようになった。実際、多くのハメ撮り愛好家が撮影時にアプリを使いこなしている。

 なかでも「Hの最中、音が鳴ると気が散る」(34歳・金融)などの理由で重宝されているのが「無音カメラ」や「マナーカメラ」といったサイレントシャッターアプリ。また、プレイ中はベッドの上で激しく動くため、「ハメ撮りには欠かせない」(28歳・広告)と利用者が多かったのが手ブレ補正機能付きの「Steady Camera」や「Camera+」などのアプリだ。

 ちなみに手ブレは多くのマニアが抱える悩みだそう。アプリ以前にも「持ち手が棒状で握りやすいので固定しやすいし、端末を直接持った状態では届かない位置から撮影できる」(37歳・公務員)とスマホ用アクセサリーの「自画撮りスティック」を常用する人もいるようだ。

 また、三脚を使用する愛好家も多かったが、「スマホ用の正規品を買うと1500円前後するので、100円ショップの『スマホ用スタンド』と『ミニ三脚』を合体させてスマホ用に改造。長さ調節可能だし、費用は200円とコスパは高い」(33歳・不動産)と三脚を自作するケースも。

 そんな三脚派は自動撮影アプリを駆使する人が多く、「よく使うのは、『Motion Detection Camera HD』という音に反応してシャッターを切るアプリ。喘ぎ声にも反応するので、『Hな声を出すたびに写真が撮られていくよ』って言葉責めに使っています(笑)」(30歳・IT)とアプリを使ってプレイを楽しむ愛好家もいる。

 さらに「肌がキレイに写って彼女が喜ぶ」(31歳・旅行)として「moreBeaute」などの美肌補正アプリも重宝。このほか「アプリの『プロカメラ』。一眼レフ並みの操作ができるから」(40歳・機械)や「結合部接写用に『スホマ用マイクロスコープ』を購入した」(29歳・商社)など自身のハメ撮りスタイルでアプリやアクセサリーを選ぶ人が多いよう。

 当然、多くの愛好家も画像・動画編集にもこだわり、「お気に入りは漫画加工アプリの『オタクカメラ』。これを使ってエロ漫画作りに挑戦してます(笑)」(34歳・化学)など画像加工もアプリで自由自在。

 アプリやアクセサリーの充実で世界が広がるハメ撮り。その楽しみ方は無限に広がっているようだ。

<PHOTO/Denys Kurbatov>

― 気を付けて!スマホ時代の動画流出【4】 ―




あなたにおすすめ