シフォンケーキとプリンはどっちが太る?要注意ケーキ3【ずっとキレイでいる食事】

【ずっとキレイでいる食事 vol.19(2)】

⇒【前編】「ケーキ」を食べて美を追求。カロリーより気をつけるべきことは?

シフォンケーキはヘルシーじゃなかった!?



シフォンケーキ ヘルシーケーキのイメージが強い「シフォンケーキ」。確かに、バター・ミルクなどの乳製品を使わず、カロリーは控えめ。しかし、太りやすさの指標にもなるGI値(glycemic index)が80というハイスコアなんです!

 小麦粉をたっぷり使ったケーキ類は、基本的に高GI食品なので、ダイエット中にはオススメできません。

 シンプル・プレーンなケーキをお好みの人は、プリン、ババロア、クリームブリュレ、パンナコッタの方がオススメ。これらのGI値は大概50以下になっています。

クリームブリュレ

チョコ・キャラメルのビター系は要注意!?



チョコ・キャラメル チョコレートやキャラメルをたっぷり使った「ほろ苦系」。大人向けだし、太りにくいと思い込んでいませんか? 実はこれらのケーキ、苦味を引き立てるよう、相当量の砂糖を使用していることが多いんです。

 同じチョコケーキなら、スポンジ系よりムース・タルトの方がまだ安心。また、濃厚ケーキの中でも、栗やイモをたっぷり使用した「モンブラン系」の方が、食物繊維が多く含まれるので吉。食物繊維には、血糖値の急上昇をゆるやかにしてくれる効果があります。

モンブラン

フルーツたっぷりケーキはヘルシーじゃない!?



フルーツタルト 季節の果物がたっぷり使われた「フルーツタルト」やドライフルーツがぎっしり入った「パウンドケーキ」を、美容に良いと信じていませんか? もちろん、適度に果物を摂取することは美容・健康に寄与しますが、ケーキに乗っかるフルーツにはシロップがたっぷり、ドライフルーツも果糖の塊なので注意が必要です。

 果物に含まれる「果糖」は、血糖値の上昇に大きく影響しないと言われていますが、大量に食べることで、おなかまわりの脂肪を増やしたり、シミやシワを増やす原因になることも。

 食べたい時は、「バナナ・チェリー・マンゴー・イチジク・ブドウ」よりも「イチゴ・グレープフルーツ・和梨」をチョイスして。ちなみに、フルーツタルトよりも粉類をあまり使っていないチーズタルトの方がGI値を低くおさえることができます。

チーズタルト<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。




あなたにおすすめ