Job&Money

メール・電話のレス、こんな行為が嫌われる

マナーや常識は、人によって基準が違うもの。ビミョーなNG行為の<怒られる><許される>の境界線は、一体どこにあるのか?20~40代のビジネスパーソン300人に、インターネットで調査してみた。

返信,レス 最近、中高年の人たちから、「若いヤツが電話を折り返してこない」という怒りの声をよく聞く。たしかに、メール世代にとって、電話はあまりかけたくないもの。中には、ふだんLINEが中心だから、メールでさえレスを忘れがち、という人も。

 仕事相手への遅レス・ノーレスで、どういう行為が相手を怒らせてしまうのだろうか?

Q:仕事相手の遅レス・ノーレスで「許せない!」と思うものは?
(複数回答)

<絶対ダメ>
・着信があったのに折り返さない(留守電アリ) 165人
・着信が2回あったのに折り返さない 154人

<危険!>
・頼みごとをする⇒相手から「承諾」の返事をもらいっぱなしでお礼を返さない 129人
・忘年会、納涼会などのイベントの出欠確認メールになかなか返事しない 128人
・はがきの年賀状にメールで返事 121人
・頼みごとをする⇒相手から「断り」の返事をもらいっぱなしでお礼を返さない 92人

<セーフ>
・着信があったのに折り返さない(留守電ナシ) 74人
・メールの年賀状には返事を出さない 56人
・アドレス変更のメールに返事を出さない 40人
・仕事で初めて会った人に、その日のうちに御礼状(メール)を出さない 21人

「着信2回」はスルーしちゃダメ



 イライラのもとになりやすい遅レス・ノーレス。「留守電が入っている」「着信が2回あった」という緊急感のある連絡を無視する行為は、やはり絶対ダメだ。一方、着信が1回だけで留守電もナシなら、無視しても案外セーフ。

 意外と相手を怒らせている可能性があるのが、頼みごとに対して返事をもらったのに、そのままでお礼の返事を送らない行為。返事が来たので用事完了、ではない。OKの場合も断られた場合も「お礼を返して用事完了」と意識しよう。

はがきの年賀状にメールで返事」には「メールで済まされると軽く見られたと感じる」(42歳・男・営業)という声もあり、予想以上に不評。メールで返すくらいなら、何もしないほうがリスクは低い!?

<PHOTO/Juan Jose Tugores Gaspar>
― NG行為「許す/許さない」の新基準【2】―




あなたにおすすめ