Beauty

レディースクリニック併設のサロンで 健康かつナイスバディに!

 食欲の秋。食べ過ぎたら、「即ダイエット」したいものですが、バイオリズムに支配されて、なかなか思い通りには行かないのが女性の辛いところですよね。規則正しく暮らしていても急に食欲が増してくるなど、ダイエットと“婦人的バイオリズム”は切っても切れない関係にあります。

 それだけに、婦人科で健康を踏まえた美容相談ができたらいいなと思っていたところ、銀座の婦人科「KISHI CLINICA FEMINA(キシ クリニカ フェミナ・予約制)」で、美容メニューも取り入れたというので体験してまいりました。

 KISHI CLINICA FEMINA(キシ クリニカ フェミナ・予約制)がオープンの時は、女子SPA!でも夜も土日も診察OK!忙しい女子が頼れる「婦人科クリニック」がオープン(http://joshi-spa.jp/168347)として、取材しました。

婦人科監修の痩身は代謝重視!



 そもそもこちらのクリニックは、「夜10時まで診察可能」と忙しい女子には嬉しい態勢なのですが、それというのも院長先生が東京都済生会中央病院で婦人科部長をしていて、おおぜいの女性を診ていらっしゃるからなのですね。

レディースクリニック 総合病院で外科手術を多く手掛ける先生は、「手術が必要になる前に、女性には未病の段階で身体を整えてほしい」という強い思いを持ってらして、働く女性でも診察しやすいようにと遅い時間に対応しているのです。従来は自由診療のみだったのですが、今年9月からは保険診療も始められたということです。

「婦人科の病気では、最初の症状として生理不順が見られることが多いのですね。ですから、この段階で生活を正せば、病気を防げる可能性が高いんです。

 でも、多くの女性たちは、『痩せるため』と称しては無茶なダイエットをするなどして、自ら生理不順を招いたりしているのが現状です。医学的な見地からすれば、無理な食事制限をするよりも、代謝を上げてあげることこそが、ダイエット…というより“美しい体”作りを実現できる近道です。

 また、更年期に悩む皆様やむくみや冷えに悩む皆様にも、身体を温めることは有効です。そこで、『身体にやさしい美容と健康づくり』をしていただきたいなと考えて、私の監修のもと、“KCFアルテシア”での施術とのコラボレーションメニューを行うことになりました」(岸先生、以下・同)


6回コースでは先生のカウンセリングも!



 メニューでは、ハリウッド・セレブにも絶大な人気を誇るという最新の複合美容機器「ヴィーナス・スワン」を使用。パルス磁気と最新の高周波を発信させることで、浅層から深層まで、施術部位を瞬時に、均一に、高温に導いて、代謝を促進させるそう。痩身やひきしめ、アンチエイジング効果も期待できるとのことでした。

岸郁子先生

岸郁子先生

 6回コースの初回と最終回には、岸先生によるカウンセリングが行われますが、所要時間は20~30分程度。機械の時間は前後の着替えを含めて1時間弱程度でした。カウンセリングでは、通常の診察ではなかなか話せない生活習慣や食習慣や食の好み、体調全体の相談などまでできたのが頼もしく感じました。

 また施術を担当してくれたのは、クリニックの看護師さんでした。これも、普通のエステとの違いで、安心できるし、いいなと思いました。特に、施術時間中に、診察ではなかなか聞きづらい婦人科の質問ができたのがとてもよかったです。

 施術は予想通りとても心地よく、体が温まり代謝がアップ。料金は、4部位6回コースが秋の健康増進キャンペーン価格で5万9,800円(税別)~ですが、機会を体験するだけなら、4部位1回9,260円~(秋の健康増進キャンペーン価格・税別)のメニューもあるということです。

 利用なさった方の中には、施術中の看護師さんとのやりとりがきっかけとなり、「婦人科検診に行ってみよう」と決めた方もいらしたとか。岸先生が「予防医療」を目指しているというだけに、こちらのサービスは「婦人科利用の敷居を下げる」という意味でも意義があるのだなあと感じました。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>

●「KISHI CLINICA FEMINA(キシ クリニカ フェミナ・予約制)」 http://www.kishiclinicafemina.jp/doctor/index.html
●KCF Artesia(KCFアルテシア) http://www.artesia.kcf-ms.com

【岸郁子先生プロフィール】
慶応義塾大学医学部卒業後、東京都済生会中央病院婦人科に勤務。部長として勤めながら、KISHI CLINICA FEMINAを開業。慶応義塾大学医学部産婦人科非常勤講師、日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本産科婦人科内視鏡学会評議員。

【にらさわあきこプロフィール】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛・美容などの分野で取材・執筆活動を行なう。著書に、『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)『婚活の神様! 』 など。2015年4月から、「恋愛・婚活研究所」を主宰。現在、ウェブ媒体『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて、『未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ』を連載中。
●『WEDGE(ウェッジ) Infinity』「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ」一覧⇒http://wedge.ismedia.jp/category/mikon
●恋愛・婚活研究所ホームページ⇒http://nirasawa-akiko.wix.com/nirasawa

婚活に疲れたあなたへ 5週間で新しい恋に出会える47のレッスン

あきらめられない彼ともう一度やり直したい人も、新しい出会いを求めたい人も、「婚活ノート」を実践すれば、素敵な恋があなたのもとへ。




あなたにおすすめ