Beauty

GENKING×高須院長「誰も毛が生えてない時代が来る」!?

前編『GENKING、鼻毛から下の毛まで「全身ツルピカですぅ」』では、GENKINGと高須院長が対面し、GENKING自身とその友人たちの脱毛事情を語りました。

毛をめぐるグローバル基準とは…



GENKINGさん、高須院長

GENKINGさん(右)と高須院長

高須:毛に対する意識は国によっても、時代によっても大きく違いますね。この間、「春画展」を見に行ったんですよ。そしたら、もうみんな、アソコの毛がグアーッと生えていて、クマのようだった。すごかったよ。江戸時代はそうだったんだね。

GENKING:海外は、いまではツルピカが当たり前ですよね。

 日本だと、「毛がないと、毛ジラミにかかったと思われるんじゃないか」と心配する子もいるんですよ。でもアメリカだと、毛が生えてるほうが「不潔…何かビョーキ持ってそう」とか思われちゃう。

高須:ブラジルは、まさにツルピカの国ですよ。あの国の人たちはサンバ・カーニバルに命を賭けてるからね。お尻が丸だしになるような、細~いヒモパンツをはいて、踊りまくるでしょう。

 だから、はみださないようにアソコを整形し、アンダーヘアもきっちり脱毛してる。土手が全部でてるのに、きれいだもん。全然わいせつじゃない。あのヒモパンツを日本人がはいて歩いたら、モロ出しのわいせつ行為ですよ。

「ボーボーな人とはつきあえないかも」


インスタ美脚

GENKINGさんのInstagramより。細くツルツルの美脚

GENKING:周囲の影響は大きいですよね。みんながツルピカが当たり前と思ってたら、自然と自分もそうなるというか。実際、僕のまわりは脱毛に対する意識が高い子が多いんですよ。

 男でも女でもツルツルのほうがいいよねって。

 もし、僕がつきあった相手が、顔のうぶ毛からアンダーヘアまでボーボーだったら…ちょっとありえないかも(笑)。

高須:ところが、アラブの人たちはまた、全然違う美意識なんだよ。彼らは「ヒゲが生えてないやつはダメ」という価値観。みんなヒゲをはやしているでしょう。ヒゲがない奴はつかまって、死刑ですよ。

GENKING:ええっ? 先生、冗談でしょう……?

高須:というか、アラブ諸国のうち何カ国かは同性愛が違法で、死刑もあり得るんだけど、ヒゲがないとゲイだと疑われるの。だから、ヒゲがない僕なんか怖くて行けないもん。

GENKING:やだ……怖い……。

高須:そこまで毛にシビアなアラブ人も、アンダーヘアは「ないほうがいい」派なんだから、不思議だよね。下は女の子もツルツルだし、おっさんもツルツル。

GENKING:世界は広いですね。

==========

次回も、GENKINGさんの美の秘密に迫ります!

<TEXT/島影真奈美>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【GENKINGさん・プロフィール】
OL兼主婦をしながら投稿していたInstagramで、”謎の美男子”として話題に。2015年3月にテレビ初出演して以来、大ブレイク。Instagramのフォロワーは70万人超。ファッションデザイナー、スタイリストでもある。今年『GENKING STYLE』、『GENKING PETIT PRICE ARRANGE』を出版
公式ブログ: http://ameblo.jp/genking-official/
instagram: https://instagram.com/_genking_/

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長(http://www.takasu.co.jp/)で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数。
「賞金総額250万円 高須クリニック動画CMコンテスト」開催中
http://yes-jinsei.com/cm/
高須院長Twitterアカウント @yes_jinsei

GENKING PETIT PRICE ARRANGE

着られなくなった服が捨てられない!お金はないけどおしゃれに見せたい!簡単にかわいくなれる方法を知りたい!TV・雑誌・ネットで話題!GENKINGが伝授。プチプラアレンジ術60。

あなたにおすすめ