♂&♀

不妊の悩みからセックス依存症に。「抱かれてないと不安になる…」

 人肌恋しい秋から本格的な冬に突入。皆さんは充実した性生活を送っていますでしょうか。W不倫で生き生きとした生活を手に入れた人妻もいる一方、落とし穴もあるようです。今回は自らドツボにハマったルナさん(38歳)から生々しい不倫の話を聞きました。

不倫にハマってセックス依存症に。ヤリ過ぎは精神に毒!?



W不倫 専業主婦のルナさんは現在、結婚7年目で妊活を諦め常時5、6人のセフレがいるという。

――――結婚5年目まで不妊治療を受けていたということですか?

「はい。クリニックにも通ったりしてましたがそのうち行くのがツラくなっちゃって。それにクリニックに通い始めた頃からお互いセックスに疲れ、夫とはしなくなっちゃったんです。もう3年以上してないと思います」

――――その後、不倫に走ってしまったと。

「寂しかったんですよ。夫は私の子供ができない悲しさや辛さをわかろうともせず、抱いてくれない、当然子供もできない。私って誰のために、何のために女でいるんだろう? ってよくわかんなくなって。そのうち出会い系サイトから“既婚で割り切り”で会ってヤッて終わりっていう関係を繰り返して」

――――複数のセフレと知り合うようになったのは……?

「最初は日本人のセフレばかりでしたが、そのうち日本に住んでる外国人と出会えるアプリを使うようになってから複数の外国人と付き合うようになって。いま自分がいる位置からコンタクトとりあってすぐに会えるアプリがあるんですよ。それにハマってからは既婚の外国人だけでなく若い子も色々ですね」

――――なんでそんな複数のセフレを作っちゃうんですかね?

「やっぱり何度もヤレば感情移入して好きになったりしちゃうじゃないですか。だったら1回きりで楽しめる既婚者、さらに外国人の方が後腐れしなくていい。

 毎日誰かと会ってセックスしないと不安なんですよね。誰と会ってでもLINEでやり取りしてその後に会う男を探してるっていう。とりあえずただ一緒に暮らしてるだけの夫との生活とか子供ができない自分の体のこととか、ヤッてる間は考えなくていいからラクなんです」

――――セックスできない夜は眠れています……?

「誰とも都合つかなくてヤレない日は眠れないですねー。心療内科に通っているので処方された安定剤を飲んでなんとか。なんていうかもう、1日1回ヤラないとダメみたいな強迫観念みたいな感じです……」

――――ちゃんと避妊はしてるんですか?

「“どうせ私の体は妊娠できにくい体だ”って思ってるからほとんどしてませんね。でも性病にはいまのところかかってないですよ(笑)」

 不妊に悩む妻の気持ちを理解せず仮面夫婦を続けながらセックスに溺れていくルナさん。適度に楽しむW不倫なら良いのだろうが、誰彼構わずヤリまくるということは、精神のバランスを崩すのかもしれない。くれぐれもハマりすぎないようご注意を!

<PHOTO/ Elena Rostunova>




あなたにおすすめ