Beauty

バリの優秀クリーム998円で、マイナス13歳に見られた

こんにちは。関西の百貨店で美容部員をしております、白川 凛(しらかわ りん)です。これから、女子SPA!にて、高級ブランドの商品じゃなくても実は十分に事足りる「プチプラコスメ」を紹介していこうと思います。第2弾は、私がハマっているバリのコスメです。

簡単に手に入る日本未発売「バリコスメ」



サリビン・ビューティークリーム,バリ,コスメ,化粧品

こちらが著者使用中の「saribing」!なにやら効きそう

「プチプラコスメ」はドラッグストアだけではなく、ネットも熱いんです! コスメ情報もネットなら簡単に海を越えます。

 それはコスメ先進国にとどまらず、アジアの島国からも届くのです。私が今はまりにハマっているコスメが、インドネシア、バリコスメ。

 日本での店頭販売はなく、購入は現地での日本人経営のネットショップが主。バリ島コスメのネットショップは複数ありますが、同じ製品でも価格がさまざま。送料も海を越え現地からの配送なので少しお高めですが、送料を入れても、日本でそこそこ名のある化粧品を購入するより低価格で実力派なんですよ。

 私、実は39歳なんですけど、39歳に見られた事がありません。先日の飲み会などでは、なんと、33歳のメンズから、「26歳ですか?」。ハイ、26歳いただきました~! まあ、マイナス5歳のご機嫌取りと考えても、30代前半です。おほほほほ。

 なんで26歳と思ったかをその彼に聞いてみたところ、「肌が綺麗やから、20代ちゃう?」。

 いい子ですよね~、こいつ(笑)。そんな自己満足に浸っている私の最近の肌の調子を支えているのが、このクリーム。

●「サリビン・ビューティークリーム」15g

 価格はショップによって異なりますが、私が愛用しているショップでは998円。4個セットで3000円。肌を柔軟にし、細胞賦活作用のある植物を発酵させ、つくられた自然派美肌クリーム。原材料はアロエ、パパイヤリーフ、キンマ、蜜蝋、ココナッツオイル、チャナンガオイル、EM菌。

 バリ島コスメを見ていると、やたらと「ジャムウ」という単語が目につきます。ジャムウとはインドネシアに古来から伝わる民間伝承薬のこと。主原料は植物の実や葉、皮、根、等のハーブが中心。

 このサリビン・ビューティクリームもスキンケアジャムウ、と称されています。このクリームを使い始めて1週間くらい経った頃、やたらと「化粧品変えました?」と言われました。色が白くなってる?

 周りが気づいて言ってくる、なんて相当な実力ですよ! しかも1週間で。

 使用感は、まず香り、ちょっとビックリします。薬草全開だから。ナチュラルコスメに慣れている人は驚かないかな~。香りを消す、とか一切してないよなって感じの香りです。

 薬草臭い。けど、これがいい。アロエとかパパイヤリーフとかは日本でも聞き慣れた成分ですが、聞き慣れないのはEM菌。このEM菌を言い換えると、酵素とか酵母とか、ですかね。共存共栄する有用な微生物の集まり、の造語らしいですが、酵素の働きで、有効成分を肌の奥へと浸透させてくれる。

 なにせこのクリーム、使った翌日の肌のふっくら感、艶感が、文句なし。調子を崩して出ていた赤みも数日で引きました!

 で、この価格。酵素とか酵母入りのスキンケアって、日本じゃ結構値段しますよ。SK-IIとか、化粧水で10000円超えてくるし。

 15gと少し小さめではあるが、バームタイプのテクスチャーで伸びが良く、朝夜使用してもゆうに1か月は使える。私は化粧水、美容液の後にこのクリームを使用していますが、なかには洗顔後、このクリームオンリーという人も。試してみて損はない逸品。

ちなみに私が愛用しているバリ島コスメネットショップはこちら
●『ブライトオーシャン』
http://www.bright-ocean.net/cgi-bin/shop/shop_index.cgi

注)くれぐれも、自分に合わないなと思ったら、使用は控えてくださいね!

<TEXT/白川凜>

【白川 凜】(しらかわ りん)
関西在住の30代、百貨店の現役美容部員。ナチュラルコスメでスキンケアアドバイザーとして15年、従事している。「高い化粧品を使っていると豪語する人ほど、綺麗な人が少ない」と気づき、お金をかけずに綺麗になれることを追求するため、日々、さまざまなスキンケアを自ら試している。情報源はドラッグストアとインターネット。最近は、「プチプライスで実力派揃いのネットが熱い!」

あなたにおすすめ