Lifestyle

1泊2000~3000円!ゲストハウスひとり旅は、世界の人と出会えて楽しいよ

 ここ数年で、ゲストハウスが日本中に雨後のたけのこのようにたくさんできています。ゲストハウスとは、サービスをミニマムに抑えて金額を安く設定した宿のことです。相部屋であるドミトリータイプになっていたり、シャワーのみだったり、部屋には鍵がかからなかったり。料金は素泊まりで2000~3000円程度。でも古民家を改造したところやデザイナーズ風の新しい内装のところなど、オーナーのこだわりがあふれた愛らしい宿も多いのです。

 5~6年前までは京都に数件しかなかったゲストハウスですが、今や何十件とあり、どうやって宿を決めたらいいのかわからないほど。大阪のホテルが軒並み満室で値上げをしている今、京都に大量にあるゲストハウスは、絶好の宿泊場所です。

Booking.com

Booking.comで京都市のゲストハウスを検索したら45軒も出てきた

 最近はネットで口コミがすぐに広まるため、驚くほど汚い宿は滅多にありません。シーツは洗いたてだし(連泊の場合はそのまま使いますが)、虫がわいているというようなイヤな宿には当たったことはありません。

 たいていトイレやシャワーは共同なので、個人でのんびりしたい人にはお勧めしません。また、友人や家族と一緒の場合は、ホテルに泊まった方がリーズナブルでしょう。基本的に寝室ではおしゃべりできないので、ひとり旅に適しています。

 シャワーしか使えない宿が基本ですが、京都は銭湯がやたらたくさんあるので、苦労はしません。そもそも市内に大浴場のついたホテルもあまりないですし。

いろんな国のツーリストと出会えて面白い



 ゲストハウスの多くは旅行会社と契約をしていないので、ツアーデスクではなくネットで空室を探します。Booking.comAgodaといったサイトがゲストハウスを多く扱っています。宿を選ぶコツは、ここで評価が8以上の宿を選ぶこと。それから口コミをざっと読んで、気になる書き込みがあるかどうかをチェックします。宿が清潔かどうかはここでわかります。

 ゲストハウスの魅力はいろんな国の人と知り合えること。ドイツ人の音楽家たちと仲良くなって1日一緒に観光したこともあるし、日本のアニメが大好きというスペイン人女性とは、今でもSNSで情報交換をしています。オーストラリアの青年たちと年越し飲み明かしをしたこともありました。

 ドミトリーも最近は、二段ベッドにカーテンが掛かっていて、中がプライベートスペースになるところが流行です。物音は防げませんが、最低限のプライバシーは守れます。

 また素泊まりなので、自分の好きな食事ができるところもいいですね。旅館の食べきれないほど大量な夕食は、戦後、豊かになったことの象徴だそうで、今となってはちょっと時代遅れのような気もします。

 では、京都のゲストハウスの中から、お気に入りを紹介しちゃいます!

サンチャゴゲストハウス



 白が基調のデザイナー風の内装。トイレやシャワールームの掃除が雑で水回りの清潔感はちょっと落ちますが、口コミで元々わかっていたことなので予想の範囲内。階下のカフェが割引になったり、宿泊者のオープンスペースになるなどコミュニケーションが取りやすい。なんといっても立地がいい。清水寺、京都府立博物館、三十三間堂は徒歩圏内、四条までもがんばれば歩ける。

⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=404526

サンチャゴゲストハウス外観

カフェは宿泊者割引アリ!

サンチャゴゲストハウスのベッド

完全プライベートになれるベッド

ゲストハウス糸屋



 バス停はいくつか最寄りがあるけれど、駅からは遠く、立地はいまいちだけど、できたばかりで超絶かわいい古民家ゲストハウス。水回りは新しく、掃除が行き届いている。コミュニティスペースもばっちり。国の登録有形文化財に指定されている船岡温泉まで徒歩10分なので、夜は銭湯で。

⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=404546

ゲストハウス糸屋の水回り

とてもおしゃれな水回り!

ゲストハウス糸屋の二段ベッド

二段ベッドだけどカーテンがついているのでプライバシーは確保

 週末などにちょっと時間が空いたら、ゲストハウスにひとり旅はいかがでしょう? 新しい出会いや未知の体験が待っていますよ。

<TEXT/和久井香菜子>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【和久井香菜子(わくい・かなこ)】
ライター・イラストレーター、少女漫画コンシェルジュ。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。ネットゲーム『養殖中華屋さん』の企画をはじめ、語学テキストやテニス雑誌などで執筆。




あなたにおすすめ