Beauty

なんと、冬のお風呂で肌がカサカサに!その原因と対策は?

 このところ、ぐっと寒さが増してきましたね。これから本格的に冬を迎えるわけで、改めてお勧めしたいのが、入浴です。 入浴剤 特に冷え性の女性は、足が冷えたままだと、なかなか寝付けないものです。寝る前にお風呂に入ると、足先が温まり寝付きがよくなります。  身体を温めるのは、寒さ対策だけではありません。入浴することで血流がよくなり、身体の老廃物やコリ、疲れが取れるんです。肩こりや腰痛などの、身体の緊張により起こる不調も軽減出来ます。時間がないからとシャワーで済ませずに、お風呂でしっかり温まりたいものです。

お風呂上がりに肌がかゆくなる理由

 ところがここでひとつ注意点が。  乾燥が厳しくなる冬、お肌の荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。激しい乾燥でお肌がかゆくなる人も多いはず。  その「お肌の乾燥」に、入浴が一役買ってしまっているんです。  乾燥肌の人は、肌のバリア機能が壊れて、皮膚内の保湿成分が蒸発しやすくなっています。  そこに入浴することで、皮膚の油分はお湯で温められ、お湯に溶け込んでどんどんと流出してしまいます。石鹸で身体を洗うことでも、保湿成分や油分は逃げていってしまいます。  そうしてお肌が乾燥すると、その部分がかゆくなって、知らないうちに掻いてしまう。それでできたひっかき傷のためにバリア機能が失われ、ますます乾燥が進む、という悪循環に陥ってしまいます。

冬のお風呂に入浴剤

 それじゃあ乾燥肌の人はお風呂に入らない方がいいかって? いえいえ、そんなことはありません。解決法は簡単、入浴剤を入れればいいんです。  入浴は、それだけでもいろいろと健康効果が高いのですが、その効果を高めたり、マイナス部分を補うのが入浴剤です。 (1)保湿成分たっぷりタイプ  乾燥肌の人は、保湿成分が高い入浴剤を。クリーム成分がたっぷり入っていて、保湿成分を逃がしません。 例) 「薬用ソフレ 濃厚しっとり入浴剤」(バスクリン) ⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=408239 薬用ソフレ「リヨメール ラバンド ヴレ 」(リヨメール) フランス産で同国オーガニック認証を取得。タラソテラピー発のブランド ⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=408242 リヨメール ラバンド ヴレ(2)炭酸発泡タイプ  冷え性の人は、炭酸を発砲するタイプや、保温効果の高いものを。  ストレス解消には、好きな香りのものを選んで。 例) 「バブ」シリーズ(花王)  マイクロ炭酸泡とうるおい成分の「バブチーノ」 ⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=410561 バブチーノ「ロウリュ フィンランドバスソーク」(チャーリー) ⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=408243 ロウリュ フィンランドバスソーク(3)生薬配合、その他  入浴剤の中には、カルキを除去するものや生薬を使ったものなど、いろいろな種類があります。 例)「生薬浴用剤 薬草湯」(ライオンケミカル) ⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=408246 薬草湯 お湯に色がつくことで、気分転換やリラックス効果も期待出来るのだとか。お塩や重曹を入れるだけでも、お湯が柔らかくなって、身体がずっとポカポカするのを実感出来るはず。  ショップに行って、いろいろと効能を見比べて、自分に合ったもの、気に入ったものを選んでみてください。毎日のお風呂がずっと楽しくなるはずです。 「お風呂には入浴剤」、冬の常識にしたいですね。 <TEXT/和久井香菜子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
和久井香菜子
ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「合同会社ブラインドライターズ」代表
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ