アイドルフェスで才能が開花!? 完璧すぎる息子のオタ芸【シングルマザー、家を買う/39章・後編】

⇒【前編】 息子(5歳)の特技が“オタ芸”と判明【シングルマザー、家を買う/39章】

 さらにサイリウムを振るようなライブになると、ビックリするほどリズム感よく振りはじめ、バラードになるとゆったりと左右に振り始める。しかもその表情はとても悦に入っており、誰よりも楽しんでいることが見て取れるのだ。

 驚くべきところは、MCの時にアーティストが静かになると、そこだけ空気を読んで静かにしているところ。普段なら関係なく大声を発したりするのに、この場の空気だけは壊しちゃいけないと思うのだろうか。

息子は特技は“オタ芸”だった…



 そんな息子が一番の才能を発揮したのが、「TOKYO IDOL FESTIVAL」だった。アイドルが100組以上登場する、お台場で行われるフェスなのだが、ここを訪れたとき、息子のテンションは異常だった。

 まず、アイドルグループの小さなフラッグとサイリウムを両手に持った息子は、出てくるアイドルごとに大声で「オー!」と叫び、ジャンプし、さらにはオタクたちの「サイバー! ファイヤー!」という独特なコールに合わせて両手を振り始めたのだ。腰もしっかりと入っている。そして、煽るアイドルに対して、言葉の話せない息子は確実にいいリズムで「うりゃ!」「オイ!」と叫んだのだ。

シングルマザー、家を買う/39章・後編 え? いま、「うりゃ、おい」って言った?

 このコールはオタクにとっての定番コールみたいなもの。自然と口にするような言葉ではない。しかし、この日、息子の脳に「うりゃ、おい」という言葉がすんなりと入ったのか、何度も何度もこのコールを連発するのだ。

 ママには「あーい」しか言わないのに……!

 あまりの衝撃とショック、そして、新しい言葉を話せたという喜びが一気に溢れて、まったく自分の頭の中が整理できない状態だったが、まぁ、これも成長……そうだ、成長だということにしよう、と気持ちを入れ替えた。

 息子は現在も、保育園から家に帰ると、ライブDVDから適当なものをピックアップして、勝手に再生する。洋服も自分ではうまく着られないのに、ライブDVDだけはすんなりと再生できるのだ。そしてサイリウムを持ち、踊り出す。そのせいで、我が家では毎晩、様々なジャンルのライブが開かれている。

 ……息子の“何か”とは、もしかしてオタクの才能なのかもしれない。まぁ、それなら楽しいからいいけど(笑)。息子の未来は、まだまだ無限に開かれているようだ。

<TEXT/吉田可奈 ILLUSTRATION/ワタナベチヒロ>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【吉田可奈 プロフィール】
80年生まれ、フリーライター。西野カナなどのオフィシャルライターを務める他、さまざまな雑誌で執筆。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘は“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@singlemother_ky

※このエッセイは隔週水曜日に配信予定です。

シングルマザー、家を買う

年収200万円、バツイチ、子供に発達障がい……でも、マイホームは買える!

シングルマザーが「かわいそう」って、誰が決めた? 逆境にいるすべての人に読んでもらいたい、笑って泣けて、元気になる自伝的エッセイ。

あなたにおすすめ